体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HoloLens80台で仮想空間を共有!世界最大の実験イベント「Tokyo HoloLens Meetup vol.1」

約80人のHoloLens所有者が同じ仮想空間を共有

Microsoftが開発した「HoloLens」の日本での発売を記念し、「Tokyo HoloLens Meetup vol.1」がイベント&コミュニティスペースdots.で開催された。

今回のイベントでは約80人のHoloLens所有者が同じ仮想空間を共有する「シェアリング機能」の実証実験が行われた。この規模で実施されたのは、世界初・最大規模だという。

80台ものHoloLensを同時にネットワークに繋ぐのは負荷が高いため、大規模な展示会などで利用されるような数百人規模が同時接続可能なスペックのWi-Fiが別途二台準備されていた。

ハンズオンセミナーの講師を務めたのは、ホロラボCEOの中村薫氏。Unityを使って、仮想空間のCGキャラクターをエアタップすることで弾を撃ち合うシューティングゲームを開発していく。

★★ハンズオンの内容を動画公開中!★★

80人がHoloLensをかぶり、エアタップで確認する光景はかなり異様だが、近未来テクノロジーを全員が体感し、ワクワクしている熱気が存分に伝わってきた。

同時接続に成功したのは約40台。仮想空間に浮かんでいるCGキャラクターはこのように見えている。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。