体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルーツ王国台湾で絶対食べたいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選

生活・趣味

フルーツ王国とも言われる台湾。台湾には日本ではなかなか手に入らなかったり日本で買うと高いと感じるフルーツがたくさんあり、それを目当てに台湾に行かれる方も多くいらっしゃるほどです。

この記事では、台湾に行ったらぜひ食べてほしいめずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツを7選を紹介します。

1.芒果(マンゴー)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
マンゴー、中国語で芒果(マングオ)は、多くの方にとって台湾で食べたいフルーツ・ナンバーワンに挙げられるのではないでしょうか。マンゴーをたっぷり使った「マンゴーかき氷」も日本人に大人気。台湾のマンゴーにはいろいろな種類がありますが、特に人気が高いのは甘みがぎゅっと詰まった愛文(アイウェン)と呼ばれるマンゴーです。マンゴーは5~9月頃が旬となります。

2.荔枝(ライチ)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
ライチ、中国語で荔枝(リージー)は、楊貴妃が愛したフルーツとしても知られています。日本では冷凍されたものがほとんどですが、台湾でいただく採れたてのライチはびっくりするほど甘くてジューシーです。旬は6~7月と短いので、この時期に台湾に行かれる際はぜひ試していただきたいフルーツです。

3.釈迦(釈迦頭)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
釈迦頭、中国語で釈迦(シージア)は、見た目が釈迦の頭のようなフルーツです。皮はとても柔らかく、手でむきながら中の白い実をいただくことができます。一口いただくと、そのミルキーな甘みに驚きます。旬はマンゴーやライチがちょうどなくなりはじめる8~3月頃であるため、この時期に台湾に行かれる方には特におすすめのフルーツです。

4.蓮霧(レンブ)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
レンブ、中国語で蓮霧(リエンウー)は見た目はリンゴのようですが、ほんのり甘くあっさりとした味わいです。サクサクとした食感が楽しいこのフルーツは、一度食べ始めるとついつい食べる手が止まらなくなってしまいます。旬は12~5月ですが、1年中食べることができます。

5.鳳梨(パイナップル)

フルーツ王国台湾!めずらしいフルーツ、日本で食べると高いフルーツ7選
パイナップル、中国語で鳳梨(フォンリー)は日本でも食べることはできますが、台湾のパイナップルは甘さが格別です。舌がピリピリするようなことはなく、旬である5~9月頃にいただけばその甘さに驚かれることでしょう。ホテルでどうやって食べれば良いの? と思われるかもしれませんが、市場やフルーツ専門店で購入するとその場で皮をむいてカットしてくれることがほとんどですよ。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会