ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

有森裕子が伝える「スペシャルオリンピックス日本」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

有森裕子が伝える「スペシャルオリンピックス日本」
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「COME TOGETHER」。2月24日(金)のオンエアでは、有森裕子さんをお迎えしました。

有森さんは、女子マラソンのバルセロナオリンピックで銀メダル、アトランタオリンピックで銅メダルを獲得。現在は「スペシャルオリンピックス日本」の理事長を務めていらっしゃいます。

「スペシャルオリンピックス日本」は、知的に障害がある人たちに、日常的にスポーツの場を提供する“組織”です。障害がある方が出場する大会といえばパラリンピックがありますが、パラリンピックとはまた違った大会とのことです。

「皆さんが混乱するところなんですが、パラリンピックにも、種目によっては知的障害がある人でも出場できる種目があります。競技レベルがかなり高い選手はパラリンピックに出られますが…。スペシャルオリンピックスは、全ての人に知的障害があり、競技力はさまざまです。また、全員入賞することができます」(有森さん、以下同)

来月には「スペシャルオリンピックス」の冬季世界大会が、オーストリアで開催。日本からは、81人の選手団が参加します。大会の様子は「スペシャルオリンピックス」のサイトなどで知ることができるそうです。

さらに、知的障害がある「アスリート」と知的障害がない「パートナー」が、スポーツを通じてお互いの個性を理解し合う関係を作っていく「ユニファイドスポーツ」の取り組みを行っています。

「昨年はサッカーの全国大会を開催しました。規模はまだ大きくはないんですが、こういった形をサッカーのみならず、他の競技でも見せていけたらと思ってます。チームは知的障害がある人と、そうではない人が半々くらいで交わります。競技ができる人なら参加できますし、スペシャルオリンピックスのことを自然に理解してくれる人が増えると思います。競技してみたいという方は、ぜひ参加してみてください」

最後に有森さんは「障害があってもなくても、共に生きていけるということが、当たり前に思ってもらえるような社会になるように頑張っていきます」と語りました。皆さんも「スペシャルオリンピックス日本」のサイトに、アクセスしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。