ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Rayarkの『VOEZ』Nintendo Switch版の配信日決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フライハイワークス株式会社は、スマートフォン向け名作リズムゲーム『Deemo』などを生み出したRayarkの最新作『VOEZ』のNintendo Switch版配信日を、3月3日(金)に決定した。

配信価格は2,500円。配信にあたって、ティザー動画も公開されている。また、収録楽曲は100曲以上、Nintendo Switch版独占楽曲あり、無料アップデートも予定されているとのこと。

『VOEZ』Nintendo Switch版公式ページ

本作は、2016年5月よりios/Android版が順次リリースされ、現在1000万ダウンロードを突破している作品。ゲームの舞台は、台湾の宜蘭(ぎらん)がモチーフとなった、架空の町「蘭空町(らんくうちょう)」。「蘭空町」にある「蘭空高校」の男女6人により、結成されたバンドメンバーの視点でストーリーが進行していく筋書きとなっている。

image053
 
『VOEZ』は現在、iOS、Androidでプレイ可能となっており、ゲームデザインとしては「音ゲー」の快感をどう引き出すかに特化された設計が特徴となっている。

本作で描かれるのは、少年少女の元気いっぱいな青春模様のストーリー。それを表現するかのような「レーンを動かす」という躍動感あるシステムが採用。レーンが、画面が、右に左に激しく動く。画面タッチ音ゲーの遊び方の基礎ルールを、画面のエフェクトそのものに置き換えている。

SS06
 
スマートフォン版に存在した「時間とリンクした物語」はNintendo Switch版でも健在のようだ。各イベントに設定されたミッションを達成することで「日記」が開放され、蘭空町の模様や、各キャラクターの日常を見ることができる。

NIKKI_SS07
 
NIKKI_SS10
 
レーンを動かしている感覚をすぐ味わいたい、という場合は収録楽曲のうち「Aquarius」「Hop Step Adventure☆」「Supamax」がスマートフォン版でのおすすめとなっていた。ニンテンドースイッチ版でも遊べることを期待したいところだ。

なお、Nintendo Switch版だけの追加楽曲「Ascension」が本作には収録。今後も無料アップデートを通じて楽曲を追加予定となっており、中にはスイッチ版だけでしか遊べない楽曲もあるとのこと。今後の情報を待ちたいところだ。

ASCENSION_XI
 
(関連記事)
スマホ音楽ゲーム『Deemo』が切り拓いた「ゲーム的革新性」とは?数々の音ゲーと比較してみた
音で動く画面がめっちゃ気持ちいいスマホ音楽ゲーム『VOEZ』 リアルタイム進行青春物語がすごいぞ!
 
iOS版

Android版

Android app on Google Play

 
[作品情報]
タイトル名:VOEZ
配信日:2017年03月03日(金)
配信価格:2,500円(税込)
ジャンル:リズムゲーム
プレイ人数:1人
原作:Rayark
開発:エスカドラ
発売:フライハイワークス
CERO:A
プラットフォーム:Nintendo Switch(ダウンロード専売)
©Rayark Inc.

関連記事:

『Deemo』が切り拓いた「ゲーム的革新性」とは?数々の音ゲーと比較してみた
『スーパーフックガール』制作サークルの新作音ゲー 『EQLIPSE』が開発中
Rayarkのスマホ音ゲー『VOEZ』サウンドトラック発売 『DEEMO』『Cytus』の楽曲が遊べるアップデートも

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。