体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Pho・ccori 気分 ビーフ味フォー/トムヤムフォー』小腹がすいたらベトナム気分・しかもグルテンフリー!

米粉と水を混ぜて作ったベトナムで定番の麺料理フォー。野菜がたっぷり乗っていてかつグルテンフリーとヘルシーなことから、今ではコンビニでも購入でき、誰しも一度は食べたことがあるのでは。そんな大注目のフォーだが、エースコックからリニューアル発売された『Pho・ccori 気分 ビーフ味フォー/トムヤムフォー』を食べてみることにしよう! 

そもそもグルテンフリーって何?

 

巷でよく耳にする”グルテンフリー”だが、グルテンと言えば小麦のイメージが強いだろう。あながち間違ってはいないが、グルテンとは、小麦と水をこねる際に、小麦の中に含まれているたんぱく質グルテニンとグリアジンが結びついて作られるもので、このグルテンがパンやうどんのモチモチ感を生み出す。ちなみに小麦だけでなく、大麦やライ麦製品にもグルテンは含まれている。

 

小麦アレルギーの人や小麦を食べるとお腹を壊すグルテン不耐症の人は、グルテンフリー製品を摂取する必要がある。また、実はグルテンが体の不調を引き起こす人がいるのだが、世の中には小麦食品が溢れすぎて、普段から小麦を摂取してしまっているため気づかない人も多い。

 

記者は今まで小麦を食べてもなんともなかったが、パンやパスタを食べるとお腹がもたれがちだった。カレーをスパイスから自作したときに、小麦粉がたっぷり入った市販のルーで作ったときよりもおいしくそしてお腹が重くならないことに気づき、それから少し小麦を控えるようになった。

 

麺は食べたいけど、小麦は苦手。そんな人にはフォー!

 

もしかして私、小麦合ってないかも…でも麺は食べたいし…そう思う人にはフォーがオススメだ。フォーの原料はグルテンを含まない米粉なので、安心して食べることができる。

そんなフォーだが、今回エースコックから『Pho・ccori(ふぉっこりきぶん) 気分 ビーフ味フォー/トムヤムフォー』(24g/25g・希望小売価格 税抜150円・2017年2月13日発売)がリニューアルされて帰ってきた。

 

リニューアルされたのは、鶏だしフォー、ビーフ味フォー、トムヤムフォーの3種類だが、記者はビーフ味とトムヤム味を試食してみた!

 

■『Pho・ccori 気分 ビーフ味フォー』

蓋を開けると乾燥したフォーがお目見えした。平打ち麺に特別感を感じる。

『Pho・ccori 気分 ビーフ味フォー』には調味油が入っており、これは食べる直前にかけるのだそう。

早速かやくを開封し、お湯を注いで3分待つ。ネギの酸味がきいたスパイシーな香りがする。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。