ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タンメンとチャーハンがおすすめ! 新潟の老舗店「蓬来軒」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:bbhotstp:20170218133227j:plain

歴史ある老舗店

新潟市にある昭和中期創業の老舗ラーメン店をご紹介したいと思います。

今回みなさんにおすすめするお店はこちらです。

f:id:bbhotstp:20170218122629j:plain

「蓬来軒」

こちらのお店は昭和31年(1956年)創業で、オープン当初は屋台で営業をしていました。

f:id:bbhotstp:20170218130252j:plain

当時の写真 ※ 写真提供:蓬来軒

新潟市内の各店に麺を卸している「日之出製麺」が営業していた屋台を引き継ぐ形で、営業を始めたそうです。(「日之出製麺」は現在、製麺業に専念)

f:id:bbhotstp:20170218130303j:plain

そして、今の店舗の場所に移転(現在の店舗の隣の土地)※ 写真提供:蓬来軒

このように古い歴史をもつこちらのお店では、長年の研究が詰め込まれた豊富な種類のメニューを提供しています。

滋味深い味わいのタンメン

今回はその中でも、ダントツの人気を誇る一品をご紹介します。

f:id:bbhotstp:20170218133227j:plain

▲特製タンメン(820円)

スープの滋味深い味わいがたまりません!

こちらの一杯は、定番のタンメンの具材が、白菜、キャベツ、モヤシ、キクラゲ、タマネギ、ニンジン、豚バラ肉等のところ、更に、長ネギ、ピーマン、しいたけ、溶き卵が加わった豪華版となっています。

深い味わいのスープには、ベースとなっているスープの元々の味に、上記素材の味が溶け込み、あっさりながらも厚みがあり複層的な味わいに仕上がっています。

f:id:bbhotstp:20170218133250j:plain

麺はその味わい深いスープにピッタリとくる、歯応えの良い細麺です。

麺とスープが渾然一体となった至極の一杯。

是非お試し下さい!

老舗店のおいしさの秘密とは!?

このように、歴史に裏打ちされた確かな味を提供する蓬来軒のこだわりの仕込みに密着してみました!

f:id:bbhotstp:20170218133301j:plain

スープのベースとなるのはゲンコツです。

まずは、ゲンコツをニンジン、タマネギなどとともに煮込みます。

f:id:bbhotstp:20170218133312j:plain

ここに、各種素材を時間差で投入していきます。

f:id:bbhotstp:20170218133318j:plain

そして、前日から多めに仕込んでおいたスープの残りを当日用の寸胴に移していきます。

f:id:bbhotstp:20170218133323j:plain

こうする事により、一晩寝かし熟成されたうま味が加わります。

f:id:bbhotstp:20170218133328j:plain

ラーメン店でバラ肉のチャーシューを食べる時、時折脂身の多い部分にあたる事を経験された方も多いのではないかと思います。

しかし、こちらのお店では、脂の入り具合などが適した部分のみを切り取り、ぜいたくに使用しているため、脂身の入り方にバラつきが出る事が少ないのだそうです。

f:id:bbhotstp:20170218133332j:plain

切り落として残った部分は、他のメニューに用い有効活用する事で、チャーシューとしてのクオリティを保っているのだとか。

さまざまなお店を取材してきた筆者ですが、こんなにぜいたくに肉を切り分けているのは初めてみました。

豊富なメニューを提供しているコチラのお店だからこそ出来る芸当ですね。

f:id:bbhotstp:20170218133337j:plain

そして、そのチャーシューはスープでボイルし、スープに肉のうま味を与えます。

f:id:bbhotstp:20170218133352j:plain

そして、チャーシューは醤油ダレに漬け込みます。(上に浮いているのは常温状態の豚脂)

f:id:bbhotstp:20170218133403j:plain

出来上がりのチャーシュー。

中華鍋での調理

f:id:bbhotstp:20170218133412j:plain

タンメンの調理味付けは中華鍋の中で行われています。

f:id:bbhotstp:20170218133423j:plain

まずは豚肉を炒める。

f:id:bbhotstp:20170218133440j:plain f:id:bbhotstp:20170218133449j:plain

そこに野菜を次々と投入。

f:id:bbhotstp:20170218133459j:plain

そして、うま味をたっぷりと詰め込んだスープを注ぎます。

f:id:bbhotstp:20170218133538j:plain

スープで煮込む事で、食材の味をスープに移し、具材にも味を染みこませていきます。

具材の調理をしつつ、麺をゆでます。

f:id:bbhotstp:20170218133544j:plain

使用するのは、創業以来使用している「日之出製麺」の麺です。

f:id:bbhotstp:20170218133549j:plain f:id:hotpepper-gourmet:20170220103732j:plain

平ざるで湯切り。

f:id:bbhotstp:20170218133605j:plain

空の丼に茹でた麺を入れ、

f:id:bbhotstp:20170218133612j:plain

出来上がった具材をのせ、スープをかけて出来上がりです。

f:id:bbhotstp:20170218133227j:plain

このようにして、たっぷりの食材の味を詰め込んだ滋味深い味わいのタンメンが出来上がります。

こちらのお店では、この他にも各種タンメンを取りそろえています。

f:id:bbhotstp:20170218133619j:plain

▲ノーマルのタンメン(770円)

f:id:bbhotstp:20170218133623j:plain

▲きくらげたんめん(870円)

f:id:bbhotstp:20170218133634j:plain

▲味噌たんめん(850円)

f:id:bbhotstp:20170218133640j:plain

▲四川たんめん(870円)

このように、豊富なタンメンの他にも、醤油系のラーメンや広東麺、麻婆麺、揚げそばなど、豊富な麺メニューを提供していますが、それ以外にも看板メニューと呼べる逸品を提供しています。

その一品の作り方も見学させてもらいました。

f:id:bbhotstp:20170218133647j:plain

まずは肉と玉子を炒めます。

f:id:bbhotstp:20170218133652j:plain

そこにご飯を投入。

f:id:bbhotstp:20170218133656j:plain

強烈な火力で炒めていきます。

鍋をふること、約200回。

f:id:bbhotstp:20170218133701j:plain

ダイナミックな鍋さばきは迫力満点です。

f:id:bbhotstp:20170218133706j:plain

そして盛り付け。

f:id:bbhotstp:20170218133713j:plain

出来上がり!

f:id:bbhotstp:20170218133719j:plain

▲チャーハン(770円)

固めに炊かれ、パラパラとした舌触りのご飯の食感がたまりません!

少し濃い目の味付けで、味のバランスも良く、何度食べても食べ飽きる事のないおいしいチャーハンです。

「タンメンとチャーハンがおすすめのお店」

地元では名の通ったお店なのですが、おいしいとの評判が長いこと言われ続けるのも納得の味わいです。

レギュラーのチャーハン以外にも、玉子チャーハン、肉チャーハン、カニチャーハン、五目あんかけチャーハンなどがそろいつつ、中華丼、天津丼、野菜炒めライス、麻婆ライスなどといったご飯物も充実しています。

豊富なメニューがそろっているので、何度行っても楽しめそうですね。

新潟のラーメンの歴史を感じながら、おいしいタンメンとチャーハンを食べられるお店「蓬来軒」に是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

お店情報

蓬来軒

住所:新潟県新潟市中央区上大川前通9番町1262

電話番号:025-222-7208

営業時間:11:00~14:00 17:30~21:30

定休日:日曜日・祝日

ウェブサイト:http://houraikenniigata.com/

※この記事は2017年2月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

※記事初出時、一部内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。

サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/

Facebook:https://www.facebook.com/niigataramencom/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

こだわり抜いた仕込みから生まれる煮干し系「朝らぁめん」の美味しさの秘密とは!?
新潟名物「笹だんご」作りを体験出来る!? 老舗和菓子店「田中屋本店」【新潟】
古くから新潟市民に愛されてきた一杯! 体に染み渡る味わいの「ちゃーしゅうわんたん」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。