ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

彫刻家・小谷元彦「個展の時はほぼトラブル(笑)」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

彫刻家・小谷元彦「個展の時はほぼトラブル(笑)」
J-WAVEで放送中の番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。2月26日(日)のオンエアでは、ゲストに彫刻家の小谷元彦さんをお迎えして、そのデザイン哲学についてお話をお聞きしました。

小谷さんは東京藝術大学大学院を修了後、これまでに「リヨン現代美術ビエンナーレ」(2000年)をはじめ、「イスタンブール・ビエンナーレ」(2001年)、「光州ビエンナーレ」(2002年)、「ヴェネツィア・ビエンナーレ」(2003年)など数多くの国際展に出品されています。2010年には六本木・森美術館で個展「幽体の知覚」を開催。昨年はアメリカでも、初の個展「Depth of the Body」がニューヨークで開催されるなど、国内外で活躍されています。

ビエンナーレとは2年に1回行われる美術展で、世界中から美術作家を招待して開催される展覧会。小谷さんは2000年から2003年まで毎年、各地で招待されているのですが、最初に招待された作品は、大学院の修了制作作品だったそうです。「どこで引っかかったのかわからないんですが、それを出してくれって言われて。大学では全然評価されませんでした(笑)」と、小谷さん本人もびっくりしたそうですが、大学よりも先に世界で評価されるとはすごいですね!

実は佐藤と小谷さんは、昨年のニューヨークでの個展設営中に、偶然お会いしていたとか。「ビックリしたんですよ、ふらっと一人で立たれていて。『何されてるんですか?』って聞いたら、『明日から個展が始まるんですけど…』って。何もできていなくて一人で佇んでいるみたいな状態で、かなりシュールでしたね(笑)」と、そのときの様子を振り返る佐藤。小谷さんも「泣きそうでした。むしろ、実際ちょっと泣いてたと思います(笑)」。個展はなんとか予定通りに開催できたそうですが、本当にギリギリだったそうです(笑)。しかし、小谷さんの個展ではなぜか毎回、なんらかのトラブルが起きるそうで、逆にスムーズにいくと不安になるのだとか(笑)。

そんな小谷さんに、「今、一番好きなデザイン」をお聞きすると、スタジオにお持ちになった一冊の本を見せてくださいました。それは『成田亨作品集』。怪獣のデザイン集です。成田さんはウルトラマンシリーズの怪獣をデザインされたデザイナーであり彫刻家。小谷さんにとって、“成田さんの怪獣”は「今」というよりも「オールタイムベスト」とおっしゃいます。

小学生の頃から怪獣デザインが好きだった小谷さんですが、美大生になって、成田さんが武蔵野美術大学出身で、彫刻の勉強をされていたことを知り、さらに彼の怪獣デザインには現代美術や原始美術のエッセンスが入っていることに気づいたそう。「例えば、成田さんが作られている怪獣がいる風景を見た時も『ロマン派の絵画がここに入ってるんだ!』とか、ものすごくたくさんの美術のエッセンスが入っているなぁ、と思っていて」と小谷さん。

子どもたちが楽しむ怪獣のデザインに、美術のエッセンスが散りばめられていたとは意外でしたが、それに気づく小谷さんの視点もすごいですね! 佐藤も最近、ラグビー部のユニフォームをデザインしたそうですが、「筋肉の流れをモチーフにボーダーを調整して、体が大きく見えるように、っていうデザインだったんですが、実はそれを何十年も昔にやっていたのが成田さんなんですよね」と言っていました。

美術・デザインが好きな方はぜひ、昔見ていた特撮の怪獣たちを芸術的視点で見てみてはいかがでしょうか? 怪獣たちの新たな魅力が発見できるかもしれません。

この他、オンエアでは、小谷さんが彫刻を始められたきっかけや、今後の活動についてなどたっぷりお話をお聞きしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【関連サイト】
番組名:「SEIBU SOGO CREADIO」
放送日時:毎週日曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。