体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【怖い】悪人顏の店主が作る料理がうまい「酒房 裕一」に潜入【北海道・旭川】

f:id:mesitsu_lc:20170110083508j:plain

怖そうに見えて優しい人。

そんな風に言われる人もいるでしょうが、

「怖そうに見えて怖い」店主がいる居酒屋さんを見つけました。

北海道第2の繁華街、さんろく。

その一等地のビルの中で営む、「酒房 裕一」が今回の舞台です。

強面ではあるものの、男気あふれる料理が自慢のお店。

北海道のうまいものがガッツリ食べられるので、

地元の人から大人気、観光客にもオススメですよ!

さんろく街のどまんなか

f:id:mesitsu_lc:20170110083514j:plain

「ほんと、店主の顔が怖いから行ってみな!」

とんでもない切り口で情報をいただきました。

北海道で食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。

「あそこのお店、美味しいよ」

「すごく変わったメニューがあるよ」

そんな口コミを聞いて、お店に向かうことはありますが、

まさか「顔が怖い」なんて理由でお邪魔することになるとは!

f:id:mesitsu_lc:20170110083515j:plain

このビルですね。

道北最大の繁華街、そのどまんなかです。

立地は最高ですがビルの中のため、一見さんは皆無。

後で知ることになるのですが、

ここのお店は、「THE北海道」な食材を堪能できるので、

観光の方にも喜ばれると思います。

しかし、緊張してきました。

f:id:mesitsu_lc:20170110083512j:plain

ええっと……3階ですね。

居酒屋さんの営業は路面店が多い旭川市。

ここまで「ビルの中」というのは、どちらかというと珍しいくらいです。

まさに「知る人ぞ知る」って雰囲気がプンプンしますね。

どんなお店なのでしょう。

f:id:mesitsu_lc:20170110083501j:plain

着きました!

こちらが「酒房 裕一」さんです。

う〜ん、ギラリとした重厚な扉。

一見さんにはドキドキの作りですね。

勇気のあるやつだけ入ってこいスタイルです。

f:id:mesitsu_lc:20170110083503j:plain

こんばんは〜。

チラリ。

扉を開けると、厨房が見えるのですが。

何やら「黒い人影」が。

というよりも「黒いオーラ」の人影が!!

「いらっしゃい、一人?」

f:id:mesitsu_lc:20170110083510j:plain

ひぃぃ〜!

出た!!

噂どおり、いやそれ以上か。

店主の伊藤 裕一さんです。

f:id:mesitsu_lc:20170110083502j:plain

ありがとうございました〜、ガチャ……。

思わず扉を閉めてしまいました。

気持ちを落ち着かせる必要があります。

いや〜、めっちゃ顔怖かったぞ……。

でもこちらも顔を見られちゃったワケだし、

どこかで「襲撃」されたらもっと怖いよな……。

勇気を出していざ、入店!

f:id:mesitsu_lc:20170110083517j:plain

入ってみると、照明が抑えられた、とても落ち着く雰囲気です。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。