体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

~Vol.11~ 途上国の発展に貢献する、「質の高いインフラ」って何だろう?

MADE IN JAPANの製品。丈夫で長持ちで機能的だと、世界中でとても評判のよい、日本の自慢です。それは私たちの身の回りの商品だけではなくて、道路や鉄道、発電所や水道設備などの、いわゆる「インフラ」でも同じこと。日本の高度な技術は、世界のあちこちで大活躍しているのです。けれど、世界中を見わたしてみると、そのインフラが十分に整っているとは言えない国があるのが現実。そんな海外の国々のこれからの発展を、日本の技術を使って支援しようとしている、外務省国際協力局の門脇史弥さんにお話を伺いました。

本当に支援が必要なのか?役に立つ支援・協力とは?

たとえば今の日本から道路や鉄道がなくなると、移動手段を失いますし、食品や日用品などの輸送もストップしてしまいますよね。楽しみにしている漫画雑誌だって、読めなくなってしまうでしょう。つまり、人や物が動くことって、毎日のくらしや、物を売ったり買ったりする経済の基本なんです。その基本を支えているのが、「インフラ」です。そんな、生活にとって不可欠なものが不足している国に、技術や資金を提供して、生活や経済を発展させていこうというのが、私が携わっているODA(政府開発援助)です。中でも、私が担当するのは、日本がより良い支援や協力を行うための制度を考えたり、その支援が本当に必要なものなのか、本当に最適なプロジェクトなのかをチェックする仕事。途上国の発展にきちんと貢献できるプロジェクトでなければいけませんし、たとえ経済的な発展につながるものでも、その他の面、例えば環境に悪影響が出るものであってはいけません。その国の未来にとって本当に役立つ支援・協力を行うにはどうすればよいかを考える、それが私の役目です。


インドに新幹線?

今、私の仕事の中で、「質の高いインフラ」をいかに世界中に広めていくかが一つの重要な課題となっています。環境に優しくかつ災害にも強く、長く安全に使うことができ、整備や運用ができる現地の技術者を育成し、技術力そのものを向上させ、さらに新しい雇用の機会を生み出す。目の前の発展だけではなくて、ずっと先の将来を見据えてインフラを整備していく。これが、日本が推進している「質の高いインフラ」の考え方です。例えば、人口が12億人を超えるインド。人の移動手段はまだまだ未発達な状態です。そこで、日本の技術を使って、インドに新幹線を走らせようという構想が浮上してきました。主要な都市を高速で移動できるようになれば、ヒト・モノの行き来が活発になり、経済だって発達する。「質の高いインフラ」の一つの良い例だと思います。私は、これまで鉄道にはあまり興味が無かったのですが、この仕事をしてはじめて線路の種類やスピードに耐えるための新幹線特有の車両の形状や材質があることを知りました。この仕事をしていなかったら一生知らなかったと思います。

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会