ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

J・ティンバーレイク、【ソングライターの殿堂】入りしたマックス・マーティンを絶賛「彼よりもふさわしい人は世界中で誰もいない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
J・ティンバーレイク、【ソングライターの殿堂】入りしたマックス・マーティンを絶賛「彼よりもふさわしい人は世界中で誰もいない」

 ジャスティン・ティンバーレイクが、2017年2月26日(現地時間)に開催された【第89回アカデミー賞】授賞式のオープニングで『トロール(原題)/Trolls』の主題歌「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」を披露した。<主題歌賞>にノミネートされていたこの楽曲は、今年の【第59回グラミー賞】<最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像>部門で受賞しており、現在も米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にチャートインしている。デビューから40週以上Hot 100チャートのTOP40圏内にとどまった楽曲は、58年の歴史の中でたった8曲しかない。

 ティンバーレイクと共にこの大ヒット曲のソングライティングとプロデュースを手掛けたのはシェルバックと、2017年に【ソングライターの殿堂】入りを果たしたスウェーデン出身の音楽プロデューサー/ソングライターのマックス・マーティンだ。先日この3人がソウル・レジェンドのビル・ウィザーズが司会を務めるパネル・ディスカッションに登壇した。

 イン・シンクのヒット曲も手掛けていたマーティンの殿堂入りについてティンバーレイクは、「正直言って、マックス・マーティンよりもふさわしい人は世界中で誰もいないよ」と称賛した。

 殿堂入りしたことについてウィザーズに単刀直入に感想を聞かれたマーティンは、「今言われると、狂気の沙汰に聞こえるよね」と謙遜し、「実際なんて言えばいいのかよく分からない。素晴らしい気持ちだよ。実はドッキリで、いつか笑われるんじゃないかって気がしてる。でももちろん非常に光栄に思う。ちょっと老けた気分だな」と喜びを語った。

 45歳が“老けた”と言えるのかどうかはさておき、ヒットメイカーとしてのマーティンは、ビートルズと肩を並べる巨匠であることは確かだ。彼はソングライターまたは共作者としてHot 100のNo. 1ヒットを22曲手掛けており、これはジョン・レノンとポール・マッカートニーに次いで3位の記録だ。彼はこれまでにバックストリート・ボーイズ、ブリトニー・スピアーズ、テイラー・スウィフト、ザ・ウィークエンド、ロビン、ダニー・エルフマンをはじめとする数多くの有名アーティストたちの楽曲を書いたりプロデュースしたりしてきた。

 次の仕事について聞かれたマーティンとシェルバックは、どこまで公表していいのか分からないと前置きしつつも、ティンバーレイクの次のアルバムには参加すると話した。するとティンバーレイクが割って入り、「彼らは謙遜してるんだ。ピンクとかテイラー・スウィフトとか、みんなが好きなアーティスト全員と仕事してるんだよ。誰もが好きで知っているアーティストも、好きだけどよく知らないアーティストも、向こう3年間は全て彼らが関わっているんだろうさ」とおどけた。

 2017年【第48回ソングライターの殿堂】授賞式は、6月15日にニューヨークで行われる。今年は他にケネス・“ベイビーフェイス”・エドモンズ、ベリー・ゴーディ、ジミー・ジャム&テリー・ルイス、シカゴのメンバー3人、そしてラッパーとして初めてジェイ・Zが殿堂入りしている。

関連記事リンク(外部サイト)

『ムーンライト』が作品賞を手にした【第89回アカデミー賞】受賞者結果&パフォーマンス映像まとめ
【アカデミー賞】初ノミネートのJ・ティンバーレイクやリン=マヌエル・ミランダが喜びのコメント
バスケ好きのジャスティン・ティンバーレイク、見事なロングシュートを決める映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。