ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【目標金額の4倍突破】ホームセキュリティ対策に!HDライブカメラの最新式ドアベル いつでもどこでもスマホからモニター&応答可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dbell一人暮らしの人も、家族がいる人も、留守中のホームセキュリティ対策はしっかりしておきたいもの。

「dbell」はHDライブビデオ機能がついた最新式ドアベル。来訪者がくると、オフィスや外出先など、どこにいてもスマートフォンやPC、あるいはテレビでモニターを確認したり、応答したりできる便利なセキュリティツールだ。

・160度のワイドアングルライブカメラ

「dbell」のHDカメラは160度のワイドアングル。広い視野に対応している。マイクや各種センサーを搭載していて、ドアベル付近で動きや音声を感知すると、ドアベルがユーザーの端末に自動でアラートを送信してくれるという仕組みだ。

・ナイトビジョン、双方向性マイク搭載

dbell2カメラはナイトビジョン対応なので、視界が暗いときも大丈夫。マイクは双方向性タイプ。ドアベルが検知した音声をユーザーに送信すること、ユーザーが来訪者へ応答すること、両方が可能になっている。

・来訪者が来ると自動で機能がスタート

来訪者を検知すると、スナップショットが自動的に撮影され、検知日時とともに、ユーザーの手元にアラートが送られてくる。端末はスマートフォン、タブレット、PC、ブラウザ、あるいは全部など、自由に設定選択が可能だ。

dbell3録画データはNVRやHDD、クラウド上など、スマートフォンなしで保存しておける。録画のスケジュール設定がおこなえるのも便利そうだ。

「dbell」は、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受け付けており、すでに目標金額1万ドル(約112万円)の4倍超の資金を集めている。

dbell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。