ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

定着する?高級サービスレジデンスで過ごすプレミアムフライデー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月24日からはじまった“プレミアムフライデー”。あなたはどう過ごしただろうか。

 

巷では「大手企業だけの話。中小には関係ない」や「いきなり言われても困る」などの声。実際に“プレ金”を実地した企業は130社あまりと少なく、積極的に退社を促そうとする動きはまだ鈍い。

 

どうにもスロースタートのようだが、もし今後“プレ金”が定着するならば、こんな週末の過ごし方もまんざらではないかも。と、思わせるプレミアムなニュースをひとつ。

 

世界28カ国100都市以上で30,000室以上を運営する世界最大の国際的なサービスレジデンスオーナー“アスコット社”が、自社最上級ブランド『アスコット』を日本で初めて展開。2017年3月30日に開業予定だ。

 

名称を『アスコット丸の内東京』とし、日本の経済・金融の中心地である大手町の「大手町パークビルディング」最上部22階~29階に開業する。

 

※『アスコット丸の内東京』公式サイト http://ascott-j.com/ascott/

 

ちなみにサービスレジデンスとは、通常のホテル設備・サービスの他に、キッチンなどのウィークリー&マンスリーマンションのようなメリットを兼ね備え、長期滞在にも対応したホテルのこと。

 

『アスコット丸の内東京』の客室は130室。サービスレジデンスの特徴を生かした家具、フルシステムキッチン付き※で、スタジオタイプや1~3ベッドルームタイプ、日本ならではの畳部屋のあるタイプなど、幅広い客室タイプから選択可能だ。

 

※全室にバスタブ、キングサイズベッド。キッチンには調理器具や食器類も一式備わっている。(一部キッチン設備のない部屋タイプもある)

 

また、ロビーにはバイリンガルスタッフが24時間サポートするレセプションのほか、宿泊者が利用できるレストランやトレーニングジム、プール、ラウンジ、会議室なども完備し、1泊からの短期滞在にも1ヶ月からの長期滞在にも利用しやすくつくられている。

 

ターゲットは訪日外国人やビジネスエグゼクティブで、観光需要だけでなく大手町初の「住」機能としてビジネス利用の需要も見込んでいるようだが、ここに新たな“プレ金”需要も見込めそうだ。

 

 

例えば15時に退社した後は、そのままホテルに移動しチェックイン。食材を買いこんで、備え付けのキッチンで料理を楽しみつつ、気の合う仲間と“宅飲み”ならぬ“アスコット飲み”と洒落込むことも可能。

 

普段、ビズネスの顔しか知らぬ大手町を観光気分でラグジュアリーに楽しむのも手。たった2時間の早引けだからこそ近場でくつろぐ“プレ金”ならではの楽しみ方の一つかも知れない。

 

ちなみに、大手旅行会社「日本旅行」が今月1日、24日午後出発で箱根などに宿泊する割安な国内プランを100人分発売したところ、即日完売。同社は「好調な売れ行きで来月以降も期待できる」と話す(毎日新聞2017年2月24日より)など、“プレ金”には旅行・レジャー需要を見込めるという声がある。

 

さて、次の“プレミアムフライデー”は3月31日。特別な花金が、少しは定着するのか?それとも?

 

『アスコット丸の内東京』ではオープニング記念として2017年6月30日まで朝食を選べる特典がついて1泊35,000円から宿泊ができる、特別パッケージを用意するなどしている。(特別パッケージの予約は6月28日まで。)

 


週刊トラベルジャーナル 2017年1/16号
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。