ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

米ワーナー、バットマンの映画『Nightwing(原題)』の監督にクリス・マッケイを起用へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


米ワーナー・ブラザースは、DCコミックスのキャラクターをベースとした実写版映画『Nightwing(原題)』を開発中だ。映画『レゴバットマン ザ・ムービー』のクリス・マッケイ監督が、同作を監督する交渉段階にある。

ナイトウィングというキャラクターは、スーパーマンの使用する別名として1963年のDCコミックスに初めて登場した。クリプトン人の住むビン詰めにされた都市カンドールを舞台とする物語だ。ディック・グレイソンがロビンというアイデンティティを捨てた際に、自警団のキャラクターとしてナイトウィングが再設定された。マイケル・セラは、『レゴバットマン ザ・ムービー』でディック・グレイソンとロビンの声を演じている。

映画『ザ・コンサルタント』の脚本家ビル・ドゥビュークが、『Nightwing(原題)』の脚本を執筆する。このプロジェクトは、2013年公開の映画『マン・オブ・スティール』、2016年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、映画『スーサイド・スクワッド』に続き、ワーナーによるDCユニバースの一角を占める。今後公開が予定されるDCユニバース作品には、ガル・ガドット主演の映画『ワンダー・ウーマン』(6月2日米劇場公開)、映画『Justice League(原題)』(11月17日米劇場公開)、ジェイソン・モモア主演の映画『Aquaman(原題)』(2018年10月5日米劇場公開)がある。

スタジオは『スーサイド・スクワッド』の続編と、DCコミックの女性悪役だけを集めた映画『Gotham City Sirens(原題)』、マーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインを主役とする『スーサイド・スクワッド』のスピンオフ作品、そして、マット・リーヴス監督によるベンアフレック主演の映画『The Batman(原題)』、映画『Shazam』からブラック・アダムをスピンオフしたドウェイン・ジョンソン主演の作品、フラッシュとサイボーグキャラクターをベースとするプロジェクトを開発している。

マッケイ監督は、『レゴバットマン ザ・ムービー』で長編映画の監督デビューを果たした。同作は公開から12日間で、米国内で1億1000万ドル、海外では7200万ドルの興行収入を獲得している。マッケイ監督は、アニメーション映画『LEGO(R)ムービー』の共同監督を務めた。

ドゥビュークは映画『ジャッジ 裁かれる判事』、映画『A Family Man(原題)』などの作品を手がけた。

マッケイ監督はUTA、ライズ・マネジメント、モリス・ヨーンを代理人としている。ドゥビュークはCAA、ゼロ・グラヴィティ・マネジメント、ブルーム・ハーゴットを代理人としている。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。