体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

難しいテクニックは不要!相手に好印象を与える5つのコミュニケーション術

「言葉でうまく説明できないけど、なんだか素敵な人だな」

初めて入ったカフェの店員さん。行きつけのコンビニに入った新しいアルバイト。後任の挨拶に来た営業担当など、相手に対する情報を何も持っていないのに、なぜか「この人はきちんとしている」「何だか清潔な感じがする」「信用して仕事が頼めそうだ」などと、感じさせる人がいます。

このような「人が感じる印象の差」は、持って生まれた容姿や育ってきた環境のせいと思われがちですが、実は誰でも印象をポジティブに変えることができます。

f:id:tany_tanimoto:20170222141043j:plain

そこで5年後、10年後の未来に後悔しないために、印象上手が意識しているコミュニケーション術について、広告代理店勤務時代に3000人以上のVIPに対応した経験を持つ「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんにお話を伺いました。

コミュニケーションとは「教養」である

「成果を出し続ける人」を20年以上研究し続けて、わかったことがあります。それは成果を出し続ける人は、「コミュニケーションにおけるちょっとした印象の差」を重要視しているということです。

このちょっとした印象の差を積み重ねた結果、他の人よりも信用され、たくさんの人たちが力を貸してくれるようになり、継続して成果を出し続けることができていたのです。

彼らはコミュニケーションに効率や利益は求めません。その代わり「今、自分が何をすると、相手はどう感じるのか」に心をくだいていました。彼らにとっては、コミュニケーションとは持って生まれた才能や才覚ではなく、ある意味、相手がどのように感じるかを追求する「教養」と言えるのです。この相手の心を動かす「教養」を身に付ければ、思うように結果が出せなかった人でも、想像以上の成果を上げることができるようになります。

「教養」とは誰でも後天的に身に付けるものです。彼らが数多くの失敗を重ね、痛い目に遭いながら開発した「このように対応すると信用される」という代表的な5つの教養をご紹介しますので、ぜひ日常の生活に取り入れてみてください。

■お辞儀するときは、相手に「自分のつむじ」を見せる

人は、自分よりも深々と長くお辞儀されると、自動的に「この人は礼儀正しい人だ」「自分を敬ってくれる」と感じ、好感を抱くものです。就職活動の面接や名刺交換の場で、「お辞儀は大切だ」と教わったのもこれが理由です。とはいえ、深々とか長くとかを自分で正確に把握することは難しいものです。「面接の時は30度~45度、腰を曲げて挨拶する」「お辞儀のテンポは、1で曲げ、2で止めて、3、4で戻す」と言われますが、緊張状態の時にこれらをうまく意識することは至難の業。

そこでお辞儀の教養としておススメするのは「自分のつむじを相手に見せる」ということです。相手に自分のつむじを見せれば、自動的に深々としたお辞儀となり、相手よりも遅いテンポで起き上がることになります。目上の人やキーパーソンと挨拶する際は「つむじ」を相手に見せてください。たったこれだけで、一目置かれる挨拶上手になれます。

■ミーティングでは「A4サイズ以上の大きめのノート」を使う

相手がキーパーソンであればあるほど、メモを取ることが重要になります。あなたが使っているノートは「相手の気分を乗せるノート」になっていますか?ポケットサイズの小さなノートや簡単に切り離しができるルーズリーフでメモを取っていませんか?

キーパーソンは自分が話す情報に価値があると確信しています。そんな価値ある情報を他の書類に紛れてしまいそうなものにメモするのは失礼にあたることも。

だからこそ、きちんと見た目から「あなたの情報は大切です」という姿勢が相手に分かるように、ノートを用意しましょう。その際、使えるのが「A4サイズ以上の大きめのノート」です。学生時代によく使用した大学ノートの「Campus」はB5サイズ。それよりも大きいノートを選んでください。見開きにすればA3サイズ以上となり、メモでも「あなたの話をきちんと聞きます」という迫力が演出できます。ノートの選び方でやる気が演出できるのですから、使わない手はありません。

■うなずきは「小さなうなずき2回+大きなうなずき1回」をセットにする

話し手は、聞き手の表情が読み取れないと、「自分の話をきちんと聞いてくれているのか」がわからず、不安になります。不安になると口が重たくなり、「この人と話しても楽しくない」と思ってしまいます。一方、タイミングよくうなずくと、「聞いている」ということを「目に見える動作」で伝えることができ、相手の心を掴むことができるようになります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会