体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR] フルHD対応『ロジクールHDプロ ウェブカム c920』でニコ生を試してみた

_img_3117s

ロジクールは2012年1月に、高画質ウェブカメラである『ロジクールHDプロ ウェブカム c920』(以下『c920』)を発売した。今回、実際に使ってみた印象などを踏まえ、レポートしてみたい。

SkypeでのフルHD1080pおよび720p画質でのテレビ電話ができる

この『c920』の一番の“ウリ”は、なんといっても「フルHDに対応している」という点に集約される。この製品と、『Skype 5.7 Beta for Windows』を組み合わせればHD1080pという高解像度でテレビ電話が出来てしまうというのだ。

_img_3127s

対応クライアントの場合、720pでの映像通話ももちろん可能だ。

カールツァイスレンズ対応、20段階オートフォーカス

HD対応のカメラはもはや珍しくはないが、画質に気を配った製品はそこまで多くない。

本製品は、単にHD対応しただけではなく、映像のクオリティを重視した構成となっている。ロジクールのウェブカムではすでにおなじみとなりつつある『カールツァイスレンズ』の採用がその一つだ。名機『Webcam Pro 9000』をはじめ、従来のシリーズでもその画質は折り紙つき。ウェブカムの中でも頭一つ抜けた画質だったという印象が強い。

また『c920』では20段階のオートフォーカスが可能となっている。音質面では、デュアルマイクを採用している。2台のマイクをウェブカムの両端に搭載し、臨場感のある音声が楽しめるようになっている。

_img_3122s

ちなみに、スタンドにもクリップにもなる台座部分は、可動部分が多く、安定した設置ができるようになっているのが有難い。収納もコンパクトになるので見た目もかなりスマートだった。

_img_3135s _img_3137s

ドライバインストールはかなり簡単だった

今回は最新版のドライバをLogicoolのサイトからダウンロードしてみた。製品を接続し、実行ファイルをダブルクリックするだけで、特段に苦労することなどなくサポートソフトウェアのインストールが完了してしまった。

_settei4-2

インストール後に表示される『Logicool ウェブカメラ ソフトウェア』では、写真やビデオの撮影のほか、ウェブカムの設定などが行えるようになっている。

_logicool_software
1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。