体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あの趣味が意外と受験勉強に役立った!」という10人のエピソード!

「あの趣味が意外と受験勉強に役立った!」という10人のエピソード!

「好きこそものの上手なれ」ということわざは有名です。お子さまの受験勉強だって、楽しいと思うことができたなら成績をグングン伸ばせるのかもしれません!

しかし、現実にはとっつきにくい科目が1つや2つあっても不思議ではないですよね。それを理由に受験勉強から逃げてしまってはいけないのですが、お子さまからすれば時には趣味でリフレッシュしたくなるはず…。なにせ「好きこそものの上手なれ」が当てはまりやすい典型は、私たち一人一人がバラバラに抱えている趣味なわけですから!

…あれ?ひょっとして、趣味を受験勉強に活かすことができたら一石二鳥でサイコーなのではないでしょうか!?

今回は、そんな理想を思わぬ形で叶えることに成功した10人のエピソードをご紹介してみます♪

趣味と受験勉強の連携プレー集!

ゲームの攻略本が国語力を鍛えた!

「子どもの頃の私は結構なゲーマーで、毎日テレビゲームで遊んでいたんです。ずっと遊んでいると親に怒られますから、ゲームをしていない時は教科書を読んでいるフリしながら攻略本を読んでいました(笑)。でも攻略本って漢字がたくさん出てきますし、説明もちゃんと読まないといけないので、国語力が鍛えられるところもあると思うんですよ。そのおかげなのか、国語は昔からテストの得点源でしたね」(30代男性/小4男子の父)

子どもたちの遊びの定番、テレビゲーム!分厚い攻略本は眺めているだけでも退屈しなさそうですが、勉強を始めたばかりのお子さまにも読めるよう、漢字にフリガナがつけられているものもあります。もちろん、ゲームの攻略ポイントだって分かりやすく論理的な文章で書かれていますよね。もしや、かなりの読みごたえが保証されている!?(笑)

旅行好きが高じて地理が得意に!

「私は小さい時から旅行ガイドを参考に、どこを見学したいかとか、どういったルートで回れば効率的かなんてプランを家族と話し合っていたんですね。元は旅行好きな親の影響なんですけど、それで地図を読むのが自然と上手くなりましたし、都道府県の位置関係や名産も、気づいたら頭に入っていたという印象です。時間がかかって大変ではありますが、こういう訓練には娘にも少しずつ慣れてほしいです」(30代女性/小5女子の母)

なるほど、旅行は計画を立てるところから始まっているということでしょうか♪ただ行って帰ってくるだけではなく、積極的に下調べしておけば、地理の勉強にもなるみたいですね!今では旅行のガイドブック以外にインターネットも普及しており、全国各地の様子がより鮮明にイメージしやすくなっていますよ!

ハリポタにハマり洋書デビュー!

「昔、『ハリー・ポッター』シリーズにすごくハマっていて。でも、原作の小説は英語ですから、日本語版が発売されるまでに1~2年のタイムラグが発生するんですよ。なので、どこの本屋さんにも英語版しか置いていない時期があったわけです。そこで、物語の続きをどうしても早く知りたかった当時中学生だった私は、英語版を辞書と闘いながら読み進めることにしたんです!その経験に比べれば、学校や受験で扱う英語なんて全く苦に思いませんでした」(20代女性/公務員)

中学生で英語版の原作本にチャレンジするなんて、なかなかすごい…!こうした挑戦は年齢が上がれば上がるほど億劫になってしまいそうですよね。この他には、保護者の方が聴いていた洋楽に興味を持ち、歌詞の意味を理解するために英語を習い始めたという意見もありました!

忍耐はプラモデル作りから学んだ!

「若い頃は『ガンダム』(『機動戦士ガンダム』)のプラモデルに熱中していました。一度組み立て始めると、完成するまでは手を止めるのが悔しくなるほどの魔力を感じるんです。夕飯で母が呼んでくれているのに『後でいいから!』と大声を出してしまうこともしょっちゅう(笑)。ただ、そうやって何かにガーッと集中できるというのも一種の才能だと思います。受験にも仕事にも、知らず知らずのうちに応用してこれたかなと」(40代男性/中2女子の父)

プラモ作りなどの工作は、きっと1つの成果を出すのがどれだけ大変かということを体で覚えられる趣味なのでしょう。何事も途中で諦めてしまえば、その先に待つ達成感は得られません!また、プラモデルは種類が豊富で、世界の歴史に登場した軍艦や飛行機なども販売されています。その背景に着目してみれば、当時の社会情勢に触れるきっかけにもなりそう!

立ち読みへの情熱から速読の才能開花!?

「僕、文章を読むスピードには自信があります!塾の授業が終わったら閉店時間ギリギリの古本屋にダッシュし、気になるマンガを急いで読み漁ってました。それが受験生時代の数少ない息抜きであり、速読トレーニングも兼ねてたというか(笑)。国語や英語で、問題文中のキーワードを見つけるのも得意ですよ。店ではいつも、ずらっと並んだ本の背表紙から目当てのタイトルを血眼で探してたんで。完全にクセになってますね」(10代男性/大学生)

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。