体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ただいま開発中!社内イベント開催支援ツール「ATND INTERNAL」の舞台裏

2008年に開発され、より使いやすくするため機能拡張を図ってきたリクルートのイベント開催支援ツール「ATND」。

そのユーザーからの熱い期待に応え、ATNDの社内向けサービス「ATND INTERNAL」が登場した。どのような経緯で開発に至ったのか、また「ATND」とどう違うのか、同サービスのプロデューサーに話を聞いた。

勉強会やセミナーなどのイベント開催支援ツール「ATND」

今や世間では勉強会やセミナー、交流会などさまざまな社会人向けのイベントが開催されている。その数、月に数千件以上とも。中でも群を抜いていると思われるのが技術の進化スピードが早いIT系だ。

そんな増え続けるこれらのイベントの告知や集客するため、現在、さまざまなイベント開催支援ツールが登場している。「ATND」もその一つだ。

ATNDは勉強会やミートアップ、オフ会などのさまざまな集まりの参加管理やメッセージのやり取りなど、コミュニティの活動をサポートするための仕組み。

ATND全体のマネジメントに携わっている仲井裕紀さんは「現在、さまざまなイベント開催支援ツールが登場していますが、実はATNDをリリースしたのは2008年9月と、国内では最も古いサービスなんです」と語る。

仲井裕樹▲株式会社リクルートキャリア ATNDチーム 仲井裕紀さん

国内古参のサービスながらも、機能拡張や使い勝手の向上を図っている。

「例えば、検索機能や勉強会には欠かせない資料共有機能を追加しました。またいかにすれば使いやすいか、UXの向上に注力しています。いずれのサービスも提供している機能はほぼ変わりません。ユーザーに使ってもらえるかは、UXの出来が勝負だと思うんです。いかに使い勝手が良く集客に結びつけられるか。それがこのツールの価値ですから」と同サービスのプロデューサーを務める畑中哲生さんは語る。

畑中哲生▲株式会社リクルートキャリア ATNDチーム 畑中哲生さん

ATNDの社内向けサービス「ATND INTERNAL」で知見共有

このように機能拡張を図り、着実にユーザーの支持を集めているATND。コアなユーザーの中から「社内でも使いたい」という声が多く聞こえきたことから、ATNDの社内利用版を開発し、現在プレビュー版としてリリースしている。それが「ATND INTERNAL」だ。正式版のリリースは来年を予定している。

「最初はあるお客様からの申し出に応えるかたちで、IP制限をかけた別のサーバでATNDを提供することで対応していました。しかし古くからATNDを利用してくださっているお客様にヒアリングをすると、社内でも使いたいといったニーズが多かったんです。そこで社内向けに特化したイベント開催支援ツールを開発することにしました」(仲井さん)

1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。