体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働きながら気軽にベンチャーとの接点が持てる「サンカク」で、知的好奇心を満たそう

「ベンチャーに興味がある」「自分の力を社外で試してみたい」「人脈を拡げたい」…。日ごろの仕事に満足をしていても、ビジネスパーソンの中には先のような思いを持っている人も意外に多いのでは。このような思いを持っている人なら、ぜひ試してほしいサービスがある。それが「サンカク」だ。

f:id:carraria:20160317170057j:plain▲株式会社リクルートキャリア サンカクチームメンバー

「サンカク」ってどんなサービス?

サンカク」とはリクルートキャリアが運営している「仕事を辞めずに成長企業の経営にサンカクできる」というWebサービスだ。この「転職をせずともベンチャー企業に会いに行ける」という新しいコンセプトが受けいれられ、2014年9月にリリースして以降、着実にユーザー数および掲載企業数を増やしてきた。

「会員の多くが20代~30代のビジネスパーソン。中でも大企業で働いている人の割合が多いですね」こう語るのはサンカクの立ち上げから携わり、現在同サービスのプロデューサーを務める秋山貫太さんだ。

f:id:carraria:20160317170059j:plain▲株式会社リクルートキャリア サンカクチーム プロデューサー 秋山貫太さん

ではどんな案件が多いのか。サンカクのサイトを見てもらうとわかるが、人材採用や経営戦略、営業戦略、海外展開、新規事業、商品企画、ウェブマーケティング、マーケティング、グロースハック、プロモーション、広報・PR、リーンスタートアップ、ビジネスモデル、R&D、資金調達、ウェブサービス、アプリ開発などさまざまあるが、やはり多いのはビジネス系の案件。従って、ユーザーも「企画や営業、マーケティングなどのビジネス職の方が中心になっている」と秋山さんは語る。

すでにサンカクでの成功事例も登場している。例えば中古マンションなどのリノベーションを手がけているリノベるでは、新規事業を立ち上げるためサンカクで協力者を募集。リノべるが立ち上げを考えていた新規事業とは、IoT機器を活用したスマートハウス事業。

「しかし同社にはIoTに知見のある人がいなかったんです。そこでサンカクでIoTに知見のある人を募集し、複数の人たちとディスカッションを行いました。その結果、東京・渋谷の同社本社に複数のIoT機器を活用したスマートハウスショールームをオープン、IoTを活用するとこんな面白い世界ができるよ、ということを実際にお客さまが体験できる場を作ることにしたんです。これにより、同社のスマートハウス事業は本格的に立ち上がっています」

事例はそれだけではない。若手ビジネスパーソン向けに、仕事を楽しくするための情報を提供しているU-NOTEもサンカクを活用して、マネタイズ戦略のアイデアを得たという。
「広告代理店でマネタイズの経験者がサンカク。実際のサービス化される上で、参考になる意見が集まったと聞いています」

興味のある案件へのサンカクも簡単!

案件への応募も簡単だ。会員登録し、関心のある案件の「興味がある」ボタンを押すだけ。すると「興味を持った理由を教えてください」というウィジェットが起動。その理由をチェックし、さらに「興味がある」ボタンをクリックすれば応募は完了となる。
実はこの部分をよりライトにできるよう、今年7月にリニューアルした。

1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。