ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スマホ広告をブロックしてパケット通信料を節約

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマホ広告をブロックしてパケット通信料を節約

スマホでWebサイトを閲覧していると、邪魔になるのが広告。とくに海外サイトにアクセスするときは、広告の裏にウイルスが仕込まれていないかも心配の種です。そんなときはスマホ広告をブロックするブラウザを利用するのが簡単。パケット通信料の節約にもなります。

邪魔なスマホ広告をブロックできる

スマホでWebサイトを閲覧していると、邪魔なのが広告コンテンツ。見づらいだけではなく、動画の読み込みなどでパケット通信量が無駄に増えてしまい、さらにはWebページの読み込み速度も遅くなってしまいます。

また、怪しげな海外サイトなどを閲覧しようとするとき、広告の裏にウイルスやトラッキングソフトが隠れていないかも心配。スマホの広告は勝手に読み込まれてしまうため防ぎようがありません。

そこで役立つのが「AdblockBrowser」です。AppStore、GooglePlayで入手できます。邪魔なスマホ広告をブロックでき、通信量の節約にもなります。これで快適なWebブラウジングが可能です。

スマホ広告ブロックでデータ量減少

AdblockBrowserはメンドウな設定が不要。ブラウザとして利用すれば、即広告がブロックされます。ブラウザ下部のアプリマークをタップすると、広告ブロックの設定が可能です。

実際にAdblockBrowserを使ってスマホの広告の表示状態を確認してみると、ブロック設定されたWebサイトから、邪魔な広告が非表示となりました。見た目がスッキリした印象です。

また、スマホの広告をブロックすると、そのぶん読み込むデータ量が減少します。実際に、まとめサイトを1度読み込んだ結果を比較してみました。すると導入前は2.2MBの通信量が、スマホ広告ブロック導入後は1.3MBで済んだのです。

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。