体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天下一品・第2の聖地!?「先斗町 味がさね」には世界でここだけの「こってりちゃんこ鍋」がある【京都】

f:id:mesitsu_la:20170209002654j:plain

天下一品は、もはや生活の一部です。こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

天下一品といえば、全国にファンが多数存在する「こってりラーメン」。鶏と野菜でこ〜〜〜ってりに仕上げたスープがとってもおいしいんですよねー。『メシ通』読者のみなさんの中にも「大好き!」というマニアレベルの方がいらっしゃると思います。

f:id:mesitsu_la:20170222114849j:plain

▲中華そば。※通称、こってりラーメン(画像は他の店舗で提供されていたものです)

冒頭で「私にとって天下一品は生活の一部」と述べました。

が、私にとって天下一品は日常に溶け込んでいるため、わざわざ声高に「好きです!」と言うことはありません。

数日前から気合い入れてそわそわしながら食べに行くラーメン店もありますが、天下一品は思い立った時にふらりと(でもちゃんと狙って)行くお店。例えるなら、コンビニでちょっといいプリンを買う、というくらいのテンションなのですよ。

天下一品に出会ったのは、福岡県の高校を卒業して京都の大学に進学したころ。とんこつ文化で育った私にとって、しっかり濃いこってりスープは〝肌に合う〟感じでした。大学卒業後に住んでいた東京でも、大好きなラーメンといえばやはり天下一品。新宿歌舞伎町と渋谷のお店に通っていました。

京都に移り住んだ現在、週に1度はこってりラーメンを食べています。仕事の合間に時間があれば、近くの天下一品を探して訪ねます。

「こってりがないと、生きていられない!」と言うほど、こってり中毒でもないんですけどね。

……と、ここまで書いて気づきました。

私、ひょっとして、

天下一品のこってりラーメンが……好き??

先ほどのエピソードの「天下一品」「こってりラーメン」を「彼氏」に換えつつ、つづってみましょう。

彼に出会ったのは、福岡県の高校を卒業して京都の大学に進学したころ。とんこつ文化で育った私にとって、彼のしっかり濃いこってりキャラは〝肌に合う〟感じでした。

大学卒業後に住んでいた東京でも、大好きな人といえばやはり彼。

京都に移り住んだ現在、週に1度は彼氏と会っています。仕事の合間に時間があれば、彼を探して訪ねます。

「彼氏がいないと、生きていられない!」と言うほど恋愛中毒でもないんですけどね。

……あ!!

私、やっぱり天下一品のこってりラーメンが大好きなんだ!

そんな私ですが、ノーチェックだったお店があります。それは「天下一品 先斗町 味がさね」。天下一品は2017年2月現在、全国&ハワイに244もの店舗があります。しかし、「こってりスープを使ったちゃんこ鍋」が食べられる唯一のお店が、今回ご紹介する、京都「天下一品 先斗町 味がさね」なのです。

花街・先斗町にある

f:id:mesitsu_la:20170209002658j:plain

舞妓さんや芸妓さんの姿もしばしば見かける花街・先斗町(ぽんとちょう)。歌舞練場という舞台や、舞妓さんや芸妓さんが所属する事務所的存在のお茶屋さんもあり、京都らしいはんなりした雰囲気の路地です。「ただ散策に来た」という観光客も多いですね。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。