ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ビヨンセ&ジェイ・ZをフィーチャーしたDJキャレドの新曲「シャイニング」(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビヨンセ&ジェイ・ZをフィーチャーしたDJキャレドの新曲「シャイニング」(Song Review)

 2016年7月にリリースした9thアルバム『メジャー・キー』が、自身初のNo.1獲得を果たした、DJキャレド。本作に続く10枚目のスタジオ・アルバム『グレイティフル』を今年中にリリースすると発表し、アルバムからの先行シングル「シャイニング」を、2017年2月12日に発売した。ジャケットに写る黒いタキシードを着た赤ちゃんは、DJキャレドの実息。

 この曲は、発売日に開催された【第59回グラミー賞】で最多9部門にノミネートされ、<最優秀アーバン・コンテポラリー・アルバム賞>と<最優秀ミュージック・ビデオ賞>の2部門を受賞したビヨンセと、夫のジェイ・Zがゲストとして参加したことが、話題を呼んでいる。

 その<最優秀ミュージック・ビデオ賞>を受賞した楽曲「フォーメーション」のような、ラップと歌を絡めるビヨンセのパートが特にすばらしく、DJキャレド名義のシングルだが、メインはビヨンセと言えるだろう。「成功でおかしくなりそう」、「お金で私を幸せにすることはできない」など、歌詞の内容も今のビヨンセの心境を綴ったものになっている。

 2月初頭、自身のインスタグラムで双子の妊娠を発表したことが大きな話題になった、ビヨンセ。この曲では、夫のジェイ・Zが「1人ではなく、2人必要」と自身のパートで歌っている。これは、生まれてくる双子についてとも取れるし、ビヨンセについて歌っているとも取れる。不仲説や離婚の噂も浮上していたが、この曲で夫婦のマイナス・イメージを払拭したといえるだろう。

 制作は、DJキャレドを中心に、先日発表したメジャー・レイザーの新曲「ラン・アップ」にゲスト参加したパーティーネクストドア、ネリー・ファータドの「プロミスキュアス」(2008年)や、ブリトニー・スピアーズの「ギミ・モア」(2008年)などをヒットに導いた、ネイト・ヒルズの2人がクレジットされている。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「シャイニング feat.ビヨンセ&ジェイ・Z」
DJキャレド
2017/2/10 RELEASE
https://goo.gl/sd6AlW

関連記事リンク(外部サイト)

DJキャレドに男児誕生、出産のほぼ全容をSnapchatで公開
DJキャレド、自身の成功哲学を明かす著書『The Keys』出版へ
【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクやジェイZ参加のアノ人の新作が遂に首位を略奪!カントリー・アーティストも好調

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。