ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ブリット・アワード】結果発表、エド・シーランが米チャート4週目の首位、洋楽チャートはオースティン・マホーン再熱:今週の洋楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ブリット・アワード】結果発表、エド・シーランが米チャート4週目の首位、洋楽チャートはオースティン・マホーン再熱:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、現地時間2017年2月22日に開催された【ブリット・アワード2017】の結果から。イギリスの【グラミー賞】と称される【ブリット・アワード】。<マスターカード・ブリティッシュ・アルバム賞>と<ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞>をデヴィッド・ボウイが受賞し、パワフルなパフォーマンスで授賞式のオープニングを飾ったガールズ・グループ、リトル・ミックスは、「Shout Out To My Ex」が<ブリティッシュ・シングル賞>をを手にした。米国【グラミー賞】同様、豪華パフォーマンスも披露され、ブルーノ・マーズやエド・シーラン、更にはザ・チェインスモーカーズとコールドプレイがサプライズ・コラボ曲の「Something Just Like This」を披露した。

【ブリット・アワード2017】受賞者リスト&スピーチ映像まとめ
いよいよ開催! ブルーノ/ケイティ/エド/The 1975ら出演の【ブリット・アワード2017】予習&視聴方法
ザ・チェインスモーカーズ×コールドプレイ、コラボ曲をサプライズ解禁

 続いては、先日ストリーミング解禁されたプリンス楽曲についての続報を。ニールセン・ミュージックによると、解禁から約1週間が経過した時点で、ストリーミングできるプリンスの全楽曲(Tidalも含む)は米国内で約1,267万回オン・デマンド再生されたという。楽曲の再生回数は、1位「パープル・レイン」(764,000回)、2位「レッツ・ゴー・クレイジー」(732,000回)、そして3位は「ビートに抱かれて/When Doves Cry」(695,000回)だった。また、Spotifyが日本での再生回数トップ10も発表しており、上位3位までは同じ結果となった。また現在、Spotifyでは2月12日からプリンスの楽曲の視聴が世界で広がっていく様子を、時間の経過とともに見ることができるヒートマップが公開されている。

プリンスの国内再生ランキングTOP10をSpotifyが発表
最もストリーミングされたプリンスの曲は「パープル・レイン」、意外な結果も

 さて、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、4週目の首位獲得を果たした。2017年2月13日(日本時間)に開催された【第59回グラミー賞】でこの曲をパフォーマンスしたエド。その効果もあり、先週よりもポイントアップして、通算4週目のNo.1獲得を果たした。1月30日に公開されたミュージック・ビデオは1億7000万回、1月5日に公開されたリリック・ビデオは、3億回の視聴回数を記録している。この曲が収録される3rdアルバム『÷(ディバイド)』は、3月3日に発売予定となっており、リリース後のアルバム・チャートにも注目したい。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが4週目の首位、ケイティ新曲が4位に初登場

 そして、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートは、オースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が、BGMに起用されたブルゾンちえみのネタのヒットをうけ、首位を獲得した。元々は、2015年7月にリリースされた「ダーティ・ワーク」だが、ブルゾンちえみが“キャリアウーマン”のネタに使ったことで、その人気が再熱。デジタル・セールスでは、2位と3倍以上の差をつけ1370ポイントを獲得。先日、オースティン自身がブルゾンちえみへの感謝のツイートを発信したことも拍車をかけ、Twitterポイント、動画再生回数においても断トツの1位をマークした。

【ビルボード】ブルゾンちえみ効果でオースティン・マホーン「ダーティ・ワーク」が洋楽チャート1位

 替わって、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラック盤がNo.1デビューを果たした。2017年2月10日から公開され、全世界50か国以上でNo.1デビューを果たした映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。映画の大ヒットを受け、サントラ盤の売上も好調。初動枚数は12万枚を突破し、2位との差を倍以上離した。また、アルバムからの先行シングルとしてリリースされた、テイラー・スウィフトとゼインのデュエット曲「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」もポイントアップし、今週のソング・チャートで2位に最高位を更新している。

【米ビルボード・アルバム・チャート】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』サントラが堂々のNo.1、グラミー関連作が急上昇

今週のその他の注目ニュース

ポール・マッカートニー、リンゴ・スターのレコーディングに参加
マイケル・ジャクソン『スリラー』全米セールス3300万枚に! マイケルの全世界総売り上げ枚数は10億枚を突破
ミーゴズとショーン・キングストンがラスベガスで乱闘、発砲による逮捕者も
ピットブル2年ぶりの来日公演、武道館含む東阪で開催
ジェイ・Z、ラッパーとして初めて【ソングライターの殿堂】入りの快挙

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。