ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google Tangoを活用したゴミ投棄ゲーム「AR POIPOI」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アイデアクラウドは、Google Tango 技術を活用した Android 用のゴミ投棄ゲーム「AR POIPOI」をリリースしました。AR POIPOI はスマートフォンのカメラをかざした AR 空間に仮想的なゴミ箱を設置して、紙くずを投げ入れてゴミ箱にどれだけ入ったかを競うゲームアプリです。Tango では空間をリアルタイムに 3D マッピングするため、スマートフォンの深度センサーを利用して空間の位置や角度も計測します。これにより、床となる場所かどうかを判定してゴミ箱を設置できます。アプリではカメラの映像と CG グラフィック を重ね合わせて空間にゴミ箱を設置して、画面をスワイプして紙くずを投げ、30 秒間でどれだけの紙くずのをゴミ箱に捨てられるのかをスコアで競います。アプリでゴミ箱と自分の距離は実際の距離とほぼ同じなので、ゲーム内でリアルなゴミの投げ捨てに近いゲーム体験が可能です。「AR POIPOI」(Google Play)

■関連記事
QWERTYキーボードを拡張できるMoto Zシリーズ用Moto Modsが今週中にクラウドファンディングに登場予定
オンキヨーのハイレゾスマートフォン「GranBeat」をお触り
Android版「LINE BLOG」にブログ毎の通知設定やバッジ表示機能が追加、コメント数が1000字に拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。