体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんが出てくるのを鏡越しに見る余裕まで。ソフロロジーで冷静だった初産

f:id:akasuguedi:20170201192544j:plain f:id:akasuguedi:20170201192601p:plain

病院についてから2時間半の超スピード出産でした!

分娩台で自分のお股を鏡越しに見せてもらって、息子の頭が出ているのを見せてもらいながら出産しました。

そんなことをしたのは私が初めてらしいです(笑)

産後の入院中に先生から色々私の出産時のことを聞きましたが、ソフロロジーのお陰で本当に負担が少なかったようで出血量も少ないし、会陰の伸びもよかったし、子宮の戻りも良し、むくみもなしで全て良好とのことでした。

ではここから出産レポです。

———————–

9/5 予定日超過1日目。15:00から妊婦健診でした。

NSTをしてる時にいつもの前駆陣痛とは違う下腹部の痛みを感じました。

また前駆陣痛かな?と思って帰ろうと思ったけど「陣痛かもしれないから帰らないで近くにいよう」という母の案で、病院の近くのショッピングモールで待機して少し様子を見ることに。

旦那にも連絡したら、とりあえず向かうと言ってくれたのでお願いしました

病院から出て30分後の16時30分頃から、4〜5分間隔で下腹部と腰が痛み出しました。

そんな中でもベビザラスにいた私と母は、呑気に「これ可愛い~」とか言ってお買い物(笑)

1時間様子を見ても4〜5分間隔だったので病院に電話したら、「戻ってきてください」といわれました。

メイク落としやゼリー飲料、飲み物など色々買って、お手洗いで歯磨きも済ませて、病院に向かう頃には陣痛はもう2〜3分間隔に。

病院に着く寸前の17時50分頃、車内で破水。

立ち会いは旦那しかできない制度なので、母とはナースステーションでお別れ。

18時にそのまま陣痛室へ。

採血と点滴をし、助産師さんに子宮口を見てもらったら4cmくらいで、「順調に行けば今日産まれるよ~」と言われました。

旦那が来てくれるまでひとりなので、持ち込んだCDラジカセでソフロロジーのBGMをかけたり、ラベンダーの香りのホットアイマスクを付けたり、三陰交にお灸をしたり、仙骨にホッカイロ貼ったり、ヨガのがっせきのポーズをしたり、あぐらをかいたり、四つん這いになってみたり、とにかく色々準備してたものたちを試すしました。

でも陣痛室にはいって30分くらいであぐらは無理になり、横になりました。

陣痛のときに体が反るとダメらしく、「丸くなってね」と言われたので横になりながら丸くなりました。

陣痛室に入って30分後の18時半頃には、もう1〜2分間隔で陣痛が来てたと思います。

陣痛って10分間隔から始まって、穏やかに時間をかけて間隔が狭くなるものだと思ってたから、陣痛が終わってから力を抜いて休む時間があると思ってたのに、ほんの数十秒で次の陣痛が来てビックリしました。

うんちでそう~!みたいないきみたい感じがどんどん強くなる。

「いきみたい感じが強くなって来たらナースコールしてくださいね」と言われて、何回かナースコールを押すと、看護師さんが度々子宮口の開き具合?を見にきてくれました。

ソフロロジー式分娩法のイメトレや呼吸法をずっと練習していたので、とにかく陣痛が来たらソフロロジーの呼吸法をして、陣痛に感謝して「この陣痛のおかげでもうすぐ息子に会える!ありがとうございます」って心の中で唱えてました。

「一緒に頑張ろうね~」って赤ちゃんに話しかけたりして、しっかり酸素を送ってあげることだけを考えて…。

陣痛が強くなるにつれて、息を止めそうになったけど、それでも呼吸法をし続けて赤ちゃんに酸素を送りました。

19時50分頃旦那到着。

着いた時がちょうど陣痛の真っ最中だったので手を握ってもらって、また陣痛が来たら一緒に呼吸してもらいました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。