ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【激萌え】長優秀なアニメコラボ商品を決める「アニメものづくりアワード」設立キターー! 自社アニメ商品を自薦すべし

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
animono anime1

アニメが日本の文化として定着した昨今、テレビや映画などの映像作品という「定番の場」以外でもアニメという媒体を活用した商品やサービス、プロモーションが広がっている。そう、すでにアニメは映像という枠を飛び越えた存在になっているのだ。

・すでにオタクだけのものではない
我々の生活に浸透したアニメという「情報の伝達方法」は、すでにオタクやマニア、子どもだけのものではなくなっているといえる。そういう観点からすれば、このアワードがもっと早く設立されているべきだったともいえるだろう。

animono anime

・アニメものづくりアワード設立
長優秀なアニメや漫画とのコラボ商品を決める「アニメものづくりアワード」が設立され、その第一回となる「アニメものづくりアワード2017」が、ついに幕を開けたのである。アワードの運営事務局は以下のように説明している。

・アニメものづくりアワード運営コメント
「近年、アニメファンの増加・一般化によってマーケットが広がり、アニメとは直接関係のなかった自動車メーカー、食品メーカー、流通、テクノロジー、サービス、観光など、一般企業によるアニメやマンガ、キャラクターとのコラボ商品、広告プロモーションでの活用が増加しております。これは、アニメ業界にとって新しいビジネスチャンスであるとともに、一般企業にとってもこれまでと違う視点での「ものづくり・ことづくり」を生み出すチャンスを秘めています。「アニメものづくり」アワードは、アニメ業界と一般企業とのさらなるビジネス活性化を目指し、優れたコラボ商品、広告クリエイティブ、プロモーションなどを表彰する取り組みです」

・自社が自社商品を自薦する仕組み
この「アニメものづくりアワード」は、自社がアニメや漫画とコラボレーションした商品を自薦するシステム。今回の締め切りは2017年3月21日(火)で、公式サイトからエントリーすることができる。2017年4月下旬にノミネート作品を発表し、2017年5月上旬に徳島で開催されるイベント「マチ★アソビ」で表彰式が開催される予定だ。

・最良の媒体になった
皆さんも、街やインターネット上で「この商品がアニメをコラボするのは面白いなあ」とか「この企業がアニメとコラボなんて斬新!」と思った事はないだろうか。重ねて言うが、アニメや漫画はマニアだけの嗜好品ではない。アニメ漫画は、万人に対してアプローチできる、商品やサービスの良さを伝える最良の媒体になったといえるだろう。

もっと詳しく読む: 長優秀なアニメコラボ商品を決める「アニメものづくりアワード」設立キターーー!(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/02/26/animono-anime/

参考: アニメものづくりアワード

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。