ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MWC 2017 : Huawei、EMUI 5.1を搭載した新フラッグシップ「Huawei P10」「Huawei P10 Plus」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Huawei は 2 月 26 日、スペイン・バルセロナで開催された MWC 2017 のプレスカンファレンスで 2017 年のフラッグシップスマートフォンとなる「Huawei P10」と「Huawei P10 Plus」を正式に発表しました。Huawei P10 は、昨年ライカとのコラボで誕生したダブルレンズカメラスマートフォン「Huawei P9」「Huawei P10 Plus」の後継モデルで、Huawei P10 は 5.1 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Huawei P10 Plus は 5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイを搭載しています。Huawei P シリーズの象徴的なダブルレンズカメラは Huawei P10 シリーズで「Leica Dual Camera 2.0 Pro Edition」に刷新されました。Mate 9 のように 1,200 万画素 RGB + 2,000 万画素モノクロのイメージセンサーを採用し、レンズを F/1.8 レンズに強化しており、光学手ブレ補正、4 in 1 AF、2 倍の Hybrid Zoom に対応しています。Huawei は新たに GoPro との戦略的なパートナーシップの締結を発表し、コラボレーションの一環として、Huawei P10 シリーズのギャラリーアプリにハイライトムービーの作成機能を追加しました。。フロントカメラはかなり強化しており、Huawei スマートフォンで初めてライカブランドのカメラを採用しています。イメージセンサーは 800 万画素ですが、従来比 2 倍の受光量とされており、レンズについても F1.9 の明るいものを採用しています。筐体デザインは Huawei P9 シリーズを継承した外観ですが、全体をより丸みを帯びたデザインに変更しており、防水にも対応させています。ちなみに、一部では「iPhone っぽくなったね」と揶揄されています。Huawei は Huawei P10 シリーズでカラーリングとボディの仕上げにも拘っており、Pantone とのコラボで誕生したグリーンとブルーは “Hyper Diamond-Cut” 仕上げ、ローズゴールド、ゴールド、ブラック、ホワイトは “Sandblast” 仕上げ、セラミックホワイトは “high gloss” 仕上げを採用しています。プロセッサはどちらも Kirin 960 2.3GHz オクタコアを採用。メモリは、Huawei P10 が 4GB RAM + 64GB ROM、Huawei P10 Plus が 6GB RAM + 128GB ROM です。どちらも、Micro SD カードスロット(最大 256GB)に対応しています。バッテリー容量は 3,200mAh / 3,750mAh に増えています。Huawei P10 シリーズは Android 7.0 Nougat + 新バージョンの EMUI 5.1 を搭載しています。EMUI 5.1 の改良点は主に動作面で、Android カーネル、メモリ管理、ガベージコレクション、タッチへの応答性が調整されており、アプリの負荷が従来よりも最大 30% 改善されたと言われています。Huawei P10 / P10 Plus は 3 月より海外の多くの国で発売されますが、一次発売国に日本は含まれていません。価格(欧州向け)は、Huawei P10 が €699、Huawei P10 Plus が €799 です。Source : Huawei

■関連記事
MWC 2017 : ZTE、1Gbpsのダウンロード性能を誇る「Gigabit Phone」でSnapdragon 835を採用
MWC 2017 : Huawei、Android Wear 2.0を搭載した「Huawei Watch 2」「Huawei Watch 2 Classic」を発表
GoogleがChristian Cowanとコラボ。Really Blueのスマホポケット付きジーンズを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。