ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

これで検査も怖くない!?MRI検査をバーチャル体験できるアプリ「My MRI at King’s」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「My MRI at King's」のバーチャル動画の一コマ強い磁石と電波により体内の状態を断面像として描写するMRI(核磁気共鳴画像法)は、医療の精密検査で広く活用されている。

しかし、この検査では、不快な機械の稼働音が鳴り響く狭く暗い筒状の空間で、一定時間、身動きせずに横たわっていなければならず、子どもならずとも、恐怖心を抱く被験者は少なくない。

そこで、バーチャルリアリティ(VR)を活用し、MRIへの“苦手意識”を軽減するためのツールが、英国で開発された。

・MRI検査をバーチャル体験

My MRI King'sの解説アニメ「My MRI at King’s」は、MRI検査をバーチャル体験できるAndroidアプリ。

英ロンドンのキングス・カレッジ病院との提携のもと、アプリ開発者のJonathan Ashmore氏が開発した。

このアプリでは、臨床検査技師が待つ検査室に移動し、寝台に横たわり、寝台ごと装置中央まですすんでMRI検査を受けるという一連のプロセスを、360度のパノラマ動画によって、知ることができる。

多くの被験者が苦手とするMRI検査での大きな騒音も、この動画で再現。

スマートフォンやタブレット端末にアプリをダウンロードし、グーグルカードボードなど、モバイル端末向けのVRヘッドセットを使ってこの動画を視聴すると、MRI検査をよりリアルに体感できるという。

・バーチャル経験で苦手意識を軽減!?

「My MRI at King’s」のほか、大勢の聴衆の前でスピーチする様子をバーチャル体験できる「Speech Center VR」のように、バーチャル体験によって、ユーザーの苦手意識や恐怖心を軽減させようとするツールは、少しづつ増えている。

バーチャルリアリティを活用できそうな分野は、まだまだ広がりそうだ。

My MRI at King’s

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。