ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今年こそ受賞なるか?アカデミー賞に20回ノミネートされるも受賞なしのサウンド・エンジニア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今年こそ受賞なるか?アカデミー賞に20回ノミネートされるも受賞なしのサウンド・エンジニア

レオナルド・ディカプリオのオスカー受賞への期待は長いこと外れていたが、それでも、アカデミー賞に20回(今年を含めると21回)ノミネートされるも受賞なしという、「ノミネート止まり」の最多記録を保持するハリウッドのサウンド・エンジニアであるケビン・オコネルとは比べ物にならない。

ケビン・オコネルは、『トップガン』、『アポカリプト』、『トランスフォーマー』など、アカデミー賞の録音賞にノミネートされた多くの映画作品に携わってきたエキスパートだ。しかし、デイタイム・エミー賞に19回ノミネートされ続け、1999年にようやく初めて主演女優賞を獲得した女優のスーザン・ルッチ(アメリカの昼ドラマで活躍)になぞらえて、「アカデミー賞のスーザン・ルッチ」と呼ばれている。

今年のアカデミー賞の録音賞には、メル・ギブソン監督の『ハクソー・リッジ』からノミネートしているケビン・オコネル。ゴールデン・グローブ賞に歴代最多7部門の受賞を果たし、アカデミー賞では14部門にノミネートされている『ラ・ラ・ランド』との厳しい戦いとなるが、果たして今年こそオスカーを射止める事はできるだろうか?

ケビン・オコネルは、「私の番が来ると期待している。ただ、丁度いいタイミングの時に幸運はやってくるもの。今回がその時であると良いのだが・・・」と米『NBCニュース』に語っている。ノミネート止まりの記録が今回でストップするよう期待しているようだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

今年こそ受賞なるか?アカデミー賞に20回ノミネートされるも受賞なしのサウンド・エンジニア

マット・デイモンが今年のアカデミー賞を獲って欲しいと願う作品とは?

アカデミー賞授賞式直前!5つの見どころをご紹介

カイル・チャンドラーと話題の子役ミリー・ボビー・ブラウンが『GODZILLA ゴジラ』の続編に出演

リアーナのヒット曲「The Monster」を完コピする話題のオウム【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。