体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大黒摩季、全国47都道府県ツアーがスタート

大黒摩季の全国47都道府県ツアー『Maki Ohguro 2017 Live-STEP!! ~Higher↗↗Higher↗↗中年よ熱くなれ!! Greatest Hits+~』が、2月25日の羽生市産業文化ホールからスタートした。
2月25日@羽生市産業文化ホール (okmusic UP's)
今回のツアーは病気療養から復帰した大黒摩季がアーティスト活動再開にあたって、全国に挨拶に出向きたいという思いから実現されたもので、第1弾として6月25日新潟県南魚沼市民会館まで21本が開催される。

また、今回のツアーは地方都市の中でも中小都市を数多く回ることでも他アーティストの全国ツアーとは異なる様相を呈している。それは、“自分のファン層である中年世代は家庭や子供のことに時間を割かれることが多く、休みと言えどもなかなか外へ出ていけない。主婦だとなおさらのこと” . . .6年間の休業中に大黒摩季自らが主婦業を経験してきたことで解ったことで、それならこちらからファンのところに出向こうという意図もある。

ライブは、「IT’S ALL RIGHT」からスタートした。休業前最後のアルバムとなった『すっぴん』に収録されているこの曲は、「すべてを肯定して前向きに行こうよ!」という大黒摩季らしいポジティブ・ソング。この曲をオープニングに持ってくるところに、今回のツアーにかける彼女の意気込みが感じ取れる。ライブ自体は、イントロのきっかけでタイトル・ロゴが描かれていた幕が振り落とされると、センターにバックライトを浴びた大黒摩季のシルエットが登場する。そして、彼女が前に出てくると、バックに従えたギター・原田喧太、ベース・徳永暁人ともどもミリタリー・コートに包まれ、1,300人の観客を煽る。その登場した衣装からも6年ぶりにライブで会う人たちへの強烈なアピールを感じ取れる!

ここから7曲目の「あなただけ見つめてる」までヒット曲が一気に続く。8月の「ライジングサン・ロック・フェスティバル」で “神セトリ”と話題になった曲が並ぶ。ここで、やっと本人からの挨拶があり、そのまま「白いグラデーション」「あぁ」を唄いきり、復帰後の新曲となる「My Will ~世界は変えられなくても~」に続く。この曲では、一生懸命に日々を生きている女性を応援していきたいし、この曲が結果、自分の生き様の歌にもなったことが告げられる。この曲を唄い終わると一度ステージを下がって、次の「Stay with me baby」では薄いブルーのドレスに身を包んでいる登場する。華やかなシーンに魅了される観客を前にバラードを唄いきり、振り返ると背中にはスワロフスキーが散りばめられている。この1曲だけにドレスを纏うという贅沢な演出の中、次の曲は「LIFE ~episodeI 誕生~」。これもアルバム曲ながらファンには人気の曲。彼女の生き様に対する強烈なメッセージが込められている。

そして、復帰後最初の新曲として発表した「Higher↗↗Higher↗↗」からラストの「ROCKS」まで再び“神セトリ”と呼ばれるヒット曲が並ぶ。ここは、大黒摩季のライブで最高の盛り上がりをみせるところ。観客全員が思い思いにノリまくっている。

アンコールでは、デビューの頃からの友人でもある原田喧太、徳永暁人を呼び込み3人でセッション風に、デビュー曲「STOP MOTION」を聞かせる。そして、定番曲の「ら・ら・ら」では、大黒摩季が講師を務める東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校生徒30名が登場、観客とともにステージ・客席一体となった大合唱となる。そして、アンコールも「ら・ら・ら」で終わらず、「START LINE」で締めくくるところに、今回の復帰に掛ける大黒摩季の強いメッセージと意思を感じずにはいられない。

サブタイトルに表現されているように、“Greatest Hits+”という誰もが知るヒット曲中心の構成で、“中年よ熱くなれ!!”と自分と同世代の人たちを鼓舞し続けたステージは終了する。なかなかパッと仕切れない今の時代の中で、大黒摩季のステージは刹那の盛り上がりだけでなく、きちんと歌詞を通じて、そして音楽が持つ真の力でファンに元気を与え、ポジティブ思考にさせる力を持っていると確信できる2時間半だった。

そして、このステージで、全国47都道府県ツアーの第2弾・9月10日の宮崎県・日向市文化交流センターから12月10日鳥取県・米子市コンベンション・センターまでの3ヶ月間23本におよぶライブ・スケジュールが発表された。6月にはデビュー25周年を迎え、休業以前にも増して精力的な活動を展開しようとする大黒摩季の熱い思いは、今後まだまだ全国に広がっていくことだろう。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会