体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幼きロボットと博士が交わした”約束”の物語『OPUS: The Day We Found Earth』

image10
 
日々、探究心を持った科学者たちが研究を続ける「宇宙開発」。宇宙生活が現実のものとなったらどうなるのだろうか。子供の頃に空を見上げて抱いた「わくわく感」は今もなお色あせない。インディゲームデベロッパー「SIGONO INC.」が手がけた『OPUS: The Day We Found Earth』の舞台は、人類が宇宙へと進出した数十万年後の世界「銀河歴160000年」。人類は生活拠点を宇宙へと移していたのだ。

そんな、新世界の人類が危機に直面していた。生命を維持するための遺伝子に欠陥が発見され、このままでは人類が滅亡してしまう。滅亡を防ぐためには「太古の時代の遺伝子」が必要となる。人類の存亡をかけたプロジェクトの調査隊となった研究者たちは、今では神話の存在とされている人類の故郷「地球」を目指すこととなった。

暗い宇宙の中、たった1人で起き上がる

image07
 
image05
リサ博士は我が子に教えるようにエムに接する

地球調査プロジェクト「オプス号」に乗った研究員は「リサ博士」、「マコト」、そして博士の手によって生み出された人工知能ロボット「OP1414-エム(以下、エム)」の3人。地球探索の開始から839日が過ぎ、マコトは「地球が見つけられるとは思えない」と半ば諦めていた。神話となった存在を2年以上追いかけても見つからなかったら、諦めてしまう気持ちも分かる。

image11
 
image13
 
しかし、そんなことお構いなしに、地球の存在を信じるリサ博士は、親のように優しくエムに望遠鏡の使い方を教えている。リサ博士とマコトの大人同士のやり取りに理解が追いつかないエムに、博士はこう告げる。「マコトは自分の目標を信じていないから怒っている」と。

エムには目標が無かった。目標が無いロボットはただのコンピューターになってしまう。リサ博士は、エムをコンピューターにさせないため「地球を見つけること」を目標として与え、固く約束をするのであった。

image09
暗闇に包まれているオプス号

暗い宇宙船でエムは1人目覚める。リサ博士と交わしたあの約束から何日、何週間、いや何ヶ月経ったのだろうか。現在の日時は不明だ。人の気配は無く、博士らを探そうにもオプス号の電力供給が少ないため、この場から身動きが取れない状況だ。一刻も早く、博士に会いたいという気持ちを抑え、記憶を頼りに、教えてもらった望遠鏡を使い地球調査を開始する。

神話と化した「地球」を探す

image06
「LISA」という惑星を目印に調査を進めよう

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会