ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニューヨークが生んだ伝説の写真家ソール・ライター、日本初の回顧展が開催!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

02251
ソール・ライター ≪雪≫ 1960年 ソール・ライター財団蔵 ⒸSaul Leiter Estate

『ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展』が、2017年4月29日(土・祝)より渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催される。
1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、58歳になった年、商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。
写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションとなり、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなった。
本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展。
日常で見逃してしまう些細な風景の中にある「美」の存在、その「美」の発見によって変わる生きる姿勢を、彼の作品から受け取りたい。

『ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展』
2017年4月29日(土・祝)~6月25日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。