ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

30代後半~40代の男性に人気の習い事は今年も☆☆! 2016年度 人気おケイコランキング

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170217172555j:plain

講座・レッスンの資料請求・予約ができるサイト『ケイコとマナブ.net 』(企画・運営:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)では、全国の働く男女を対象に「学び事・習い事」についての調査を実施いたしました。

果たしてどのような結果になったのでしょうか。

今回はその内、「35~49歳の男性」に人気の習い事についてレポートします!

~この1年間にやった学び事・習い事~

1位は他を大きく引き離し、これまで同様「英語」。

制度改正で注目された「宅地建物取引士」が2位に急上昇。

2013年より調査を開始したミドルの男性については、これまで同様「英語」が他を大きく引き離して1位となりました。仕事で使うビジネス英語や、海外旅行での使用など、具体的な場面を想定して学習されていることが要因と思われます。

2位には制度改正により、いっそうその役割が強調された「宅地建物取引士」が入った。3位は「簿記」。

下位では「ワード・エクセル」が大きく順位を下げた一方で、「SE・プログラマ」がトップ10入り。高年齢でもPCが当然となりあえて学ぶ位置づけにならなくなってきた一方で、広くIT関連の学び事が分類されている「SE・プログラマ」が順位アップ。

また、「行政書士」など独立も視野に入れられる難関国家資格も定番。

そして、育児や介護、家事への参加度合UPを反映したものか、「家庭料理」「ホームヘルパー」が大きく順位を上げました。

f:id:keimanahensyu:20170217171051p:plain *1

~学び事・習い事の実施目的~

4割以上が「仕事のため」で1位。

とはいえ求人率上昇の影響かポイントはダウン。

この1年間で実施した学び事・習い事について、男性に対してその実施目的を聞いたところ、1位は変わらず「仕事のため」となってはいるが、人手不足で求人率が上昇しているためか、ポイントは大きくダウンしています。

ほか、 昨年順位をあげた「教養・知識を深めるため」、昨年までは横ばいだった「就職・転職のため」といった目的もポイントをダウンさせました。

f:id:keimanahensyu:20170217171315p:plain

というわけで、35~49歳の男性は、今年度も英語が一位となりました。その他、宅地建物取引士やSEなど、より専門的な知識を身につけ、仕事に活かしたいという背景が垣間見える結果。しかし、家庭料理やホームヘルパーなど、家庭で使えるスキルが順位を上げたことにも注目です。

春一番も吹き、少しずつ春の気配が近付いています。新年度は、あなたも人気の習い事にトライして、新しい自分でスタートさせてみませんか。

構成/文 ケイマナニュース!編集部

※この記事は2017年2月時点での情報を基に作成しています。

*1:(13~14年 N=518、15~16年 N=209) ※定期的に行う習い事や学習、1回完結レッスン、短期集中講座、通信教育を含む ※「その他」の回答を除いて掲載。※オレンジのアミガケは順位・回答率がともに上昇しているもの、ブルーのアミガケは下降しているもの※回答率は小数点2位で四捨五入

関連記事リンク(外部サイト)

2016年度 人気おケイコランキング 30代後半~40代の女性に人気の習い事、1位は趣味にぴったりの●●
女子力アップを「手に職」で!婚活もキャリアもこれでバッチリな仕事&資格4選
「手に職」で社内評価アップや、起業・フリーランスを目指せる仕事&資格4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。