ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

MWC 2017 : BlackBerry、キーボード付き“Mercury”を「BlackBerry KEYone」として発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
BlackBerry は 2 月 25 日、MWC 2017 イベントで Android ベースのスマートフォン新モデル「BlackBerry KEYone」を発表しました。KEYone は “Mercury” として知られる BlackBerry の伝統的な QWERTY キーボードを搭載した Android スマートフォンで、DTEK50、DTEK 60 に続き、TCL Communication 社が開発しました。KEYone の特徴は BlackBerry OS のスマートフォンと同じように文字を入力できる点で、古くからの BlackBerry ファンにもおすすめな一台だと言えます。また、キーボードはタッチセンサーにもなっており、スワイプで画面をスクロールしたり、スペースキーには指紋リーダーを内蔵しており、ロック画面や Android アプリで指紋認証で保護することができます。OS は ANdroid 7.1 Nougat を搭載しており、PRIV 以降の Android モデルに搭載された DTEK アプリや BlackBerry Hub などの主要な BlackBerry アプリをプリインストールしています。KEYone の主要スペックは、4.5 インチ 1,620 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 625 オクタコアプロセッサ、4GB RAM、32GB ROM、背面に 1,200 万画素(IMX378 1.55μm)、前面に 800 万画素カメラ、3,505mAh バッテリーを搭載しています。画面サイズに対してバッテリー容量が大きいので一般のスマートフォンよりも長時間使用できると予想されます、KEYone はまた、Quick Charge 3.0 にも対応しており短時間で充電することができます。製品の詳細が公開され次第、記事に追記します。Source : GSM Arena(Google キャッシュ

■関連記事
Spigen、カーオーディオのCDスロットに取付るスマートフォン車載ホルダー「AP230T」を発売
GoogleドライブやGmailのWEB版でパスワード保護されたMS Officeファイルのプレビューが可能に
「Bluetooth 5」に対応したスマートフォンが認証の取得を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。