体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手抜き上等、省コスト歓迎、おいしければすべてよし。で、ペスカトーレ

f:id:uralatokyo:20170220192532j:plain

魚介のスパゲティ、ペスカトーレは材料費がかかりがちです。確かに海の幸をふんだんに入れるほど高価になってしまいます。けれど冷凍のシーフードミックスを使えば、ぐっとリーズナブルに。「それじゃ味が落ちるよ!」という方は外へ食べに行きましょうね。

そして「トマトソースを作るのが面倒くさい」という方、市販のソースを買ってしまいましょう。「冷凍シーフード買っても、トマト缶より高いトマトソース買ってたら本末転倒じゃん」という方、トマトソースを作るためにトマト缶に加えてにんにくと唐辛子買ったら、多分そっちのほうが高いです。

f:id:uralatokyo:20170220192553j:plain

材料(2人分) スパゲティ 200g 冷凍シーフードミックス 1袋(220g) ツナ缶 1個 トマト&ガーリックソース 市販 330g

スパゲティは1.4~1.7mmあたりの太さが個人的にはおすすめです。1.9mmまでいくとちょっと太くてソースとの相性がどうかなという気もしますが、好みは人それぞれですから、あまり気にせず自分の好きな太さを選んでください。今回は少し細めの1.4mmを使いました。

冷凍シーフードミックスはひとり100g以上のボリュームがありますが、加熱すると案外小さくなるので、1.5~2袋くらい使ってもいいと思います。かなりのぜいたく感が味わえます。ツナ缶はスパゲティにソースを絡めるいい仕事してくれるので、ぜひ入れてください。

ソースは普通のトマトソースではなく、ガーリック味が強めにきいているものを選びました。このままスパゲティにかけても立派な1品です。

さて、作りますよ。

スパゲティは記載されているゆで時間、マイナス30秒~1分をめどにゆでてください。

ゆでている間にソースを作ります。

f:id:uralatokyo:20170220192611j:plain

まずフライパンにオリーブオイル(材料外)大さじ1程度を引き、そこに凍ったままの冷凍シーフードミックスを加えて強火で炒めます。するとこんな風に冷凍シーフードから水分が出てきます。これがソースに加わると「ザ・ペスカトーレ」な味になるので、決して事前に解凍しないこと!

f:id:uralatokyo:20170220192632j:plain

具に火が通ったら、白ワイン(材料外)を大さじ3、全体に振りかけてふたをし、30秒ほど蒸してアルコールを飛ばします。もしも白ワインがなかったら、料理酒でもOK。

「え、それってあさりの酒蒸し的な……」と不安に思われた方、安心してください。実は今回、白ワインを買い忘れて料理酒で代用しました。まったく問題なしでした。

アルコールを加えるのは魚介の臭みを取るためなので、この工程は飛ばさないでくださいね。

f:id:uralatokyo:20170220192655j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会