体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項

マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項
2017年2月26日(日)は都内で東京マラソンが開催されます。この日の為にコンディションを整えている方ももしかしたらいるのでは。

しかし、マラソンは体に大きな負担をかけますし、直前に服用すると市販薬も危険な場合もあります。

そこで今回はマラソン前に服用すると危険な薬や、マラソンで起こりやすいケガや症状、ケガを防ぐケア方法などを医師に解説してもらいました。

目次

マラソン前に服用すると危険な3つの薬

マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項

1. 非ステロイド性抗炎症薬

■ 薬の概要

頭痛や生理痛の薬として薬局に置かれている薬で、痛み止めが主な作用です。

■ 危険な理由

マラソン中に痛みがわかりにくくなることから、どこかをケガしても気づかずに走り続けてしまい、症状を悪化させてしまう危険性があります。

■ 懸念される症状

・消化性潰瘍 

・胃の不快感

2. カルシウム拮抗薬

■ 薬の概要

主には高血圧の薬で、心臓に働きかけ心拍数を低下させる働きもあり、頭痛を予防する薬として服用する場合もあります。

■ 危険な理由

心拍数を低下させ、また、血圧の低下からめまいやふらつきが起こる場合があります。

■ 懸念される症状

・低血圧

・頭痛

   

3. フロセミド

■ 薬の概要

代表的な利尿薬で、むくみ、心不全などの治療に使われますが、薬剤性難聴の原因となる場合もあります。

■ 危険な理由

強い利尿作用があるので、脱水をきたして危険な状態になる可能性があります。

■ 懸念される症状

・低血圧

・喉の渇き

・めまい

マラソン前に服用しても良い薬、栄養素

マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項

ビタミンA、B群、Cなどのビタミン剤

健康な体を構成するためにビタミンは必要不可欠なので、運動前にビタミン剤を服用するといったことも一つの手であると考えられます。

■ ビタミンAの役割

・粘膜や皮膚の健康維持

・抗酸化作用

・視力強化

■ビタミンB群の役割

・糖質の代謝

・疲労回復

・脳の活性化

・赤血球の形成

・脳や神経系の活動サポートなど

■ ビタミンCの役割

・免疫力の向上

・コラーゲン合成

・抗酸化作用

・抗ストレスホルモンの合成など

ミネラル

ミネラルは、体を構成したり、体の機能を保ったり調節する働きがあるなど、重要な役割を担っています。

マラソンで汗をかくと、多量のミネラルが失われがちであるので、スポーツ飲料などで水分補給をするなどしましょう。

アミノ酸

代謝や、疲労回復などの働きがある肝臓を活発にする役割があるアミノ酸は、運動前に摂取しておいても問題ありません。

マラソン中に起こしやすいケガや症状

マラソン前に飲むと危険な3つの薬…知らないと怖いランナー注意事項

脱水

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会