ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【北京】お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような絶品焼売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【北京】お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような絶品焼売

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

地下鉄で前門駅に到着。

お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
目的の前門大街は天安門広場の南側にあり、清朝時代を再現した街並みが見られる場所。

お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
このように中国ではリノベーションして昔を再現している場所をよく見かけます。歩きやすいしおいしいお店がそろっているので来てみて損はないと思います。北京ダックの名店「全聚徳」のファーストフード店があるという情報をみつけて、それを食べに来たのですが見つけられなかったので、そのすぐ近くにあったこちらのお店に。都一処(ドーイーチュ)。

お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
清朝1738年開業の老舗のお店です。元々は名もなき小さな料理屋だった所、乾隆帝が訪れて気に入りこの店名をつけたという逸話があるそうです。これがその時の再現シーンかな?

お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
中はほぼ満席。自分で空き席をみつけないといけませんが店員さんにお願いしたら空いた所をさっと取ってくれました。メニューは中国語のみ。蟹肉の文字にひかれて1番上のものを注文。10分位待ってやってきました。

お肉ぎっしりで噛めば肉汁こぼれる。まるで小籠包のような焼売を北京で食す
花弁のようになっていて美しい。ひとつひとつがかなり大きくて一口では無理。お肉がぎっしりで噛むと口の中にじゅわっと肉汁が広がってショウロンポウのようなイメージ。こぼれないよううまく食べねば。シュウマイ以外にもメニューはたくさんあって、お客さんはシュウマイ以外にもたくさん頼んでいました。私は一人だったのでこれで精一杯。ご馳走様でした。

[寄稿者:マリ]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。