体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『iQOS(アイコス)用充電クレードルスタンド』テーブルの上でスマートに充電できるから便利でクール!

加熱式タバコという煙の出ないタバコが大人気だ。その先頭を走るのはフィリップモリス・インターナショナルの「iQOS」。ところがこれ、従来と違い充電を必要とする電子製品でもある。となるとガジェット好きならこうした『iQOS(アイコス)用充電クレードルスタンド NXSP15215』が欲しくなるはずだ。

ケーブルだらけで混沌としたデスク周りをスッキリさせるためのiQOSユーザーのためのスタンド

そうでなくても最近は、スマホの充電ケーブルやらPCの配線などでデスクの上はコードでぐちゃぐちゃになりがち。マウスやキーボードなどはBluetoothなどで無線化できるが、困りものなのはやはり充電ケーブル。非接触式充電導入にはまだまだコストもかかるし…。


喫煙者なら、そこにさらに加わるのが昨年の大ヒット商品である加熱式タバコ「iQOS」。さらにケーブルが増えてうんざりしている人も多いのでは? スマホに抜き差し、iQOSに抜き差しという一連の流れが煩わしいし、何よりデスクの上がスタイリッシュでなくなると悩むきれい好きの人も多いはず。


そこで役立つのが株式会社トライアド(東京都渋谷区)による『iQOS(アイコス)用充電クレードルスタンド NXSP15215』(90g/105×105×94mm・希望小売価格 税込2,480円・2016年12月23日)。これさえあればサクッとスタンドに差し込むだけでiQOSの充電が可能なのだ。

 

もともとiQOSは充電にMicro USBを使用しているので、こうした製品が出てもおかしくないはずなのだが、まだまだ世間には数少ない。しかし200万個以上売れているiQOSなのだから、まさに出るべくして出た商品だ。


『iQOS(アイコス)用充電クレードルスタンド NXSP15215』は樹脂製の程よい重さの円盤に、プラスティック製のスタンドがついたシンプルな製品。その中央にはiQOSと接続するためのMicro USB端子がついており、そこにiQOSのバッテリーチャージャーをサクッとさして使う。


円盤の側面にはiQOS付属のMicro USBケーブルを差し込む端子があり、それをACアダプター経由で接続しておいて使用する。iQOS付属のケーブル使用で、最大2A出力が可能だ。それでは実際に使用してみよう。

 

『iQOS(アイコス)用充電クレードルスタンド NXSP15215』を使ってみよう!

あらかじめケーブル類をセットしておけば、あとはiQOSバッテリーチャージャーをさすだけというシンプルな使用方法。思い悩む人はいないだろうが、最初は端子の角度をうまく合わせるのに多少苦労するかも。慣れればスタンドに支えられて、結構ガッチリとiQOSチャージャーをホールドしてくれる。


一旦据え付ければ、そのままiQOSホルダーの出し入れもそのまま可能。ただそのぶん取り外しは慣れないと少々力がいる。もう少し緩くてもいいかなと思いつつ、この安定性も捨てがたいといったところ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会