ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

いわゆる「観光地」とは呼べないような海外の街を訪れると、看板やレストランのメニューに英語表記がなく困ることがある。そんなシチュエーションすらも、捉え方しだいでは旅の醍醐味ではあるのだが、実際にストレスを感じてしまう人は少なくないだろう。

ただし、それは日本を訪れる外国人にとっても同様。ひらがなにカタカナ、漢字にアルファベットが混ざった“言語環境”は、どこからどう考えても特異なものと言っていい。私たちにとっては当たり前の世界で、訪日外国人が苦労してしまっているような状況は想像に難くない──。

このたび、そんな課題に対処すべく、岩手県が立ち上がった!

インバウンド大作戦!

岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

いわての10手」は、同県を訪れる外国人観光客にどのように対応すれば喜んでもらえるかがまとめられたHP。飲食店や宿泊事業者などのほか、一般県民にも分かりやすく「おもてなしのハウツー」が10項目掲載されている。

ここで紹介したいのは、そのうちの一つ、題して「文字よりも、絵で示そう」。たしかにこれ、アイコンがかなり分かりやすい。お店や温泉での使用を想定したものをいくつかピックアップしよう。

【お店で使えるアイコン】

岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

【温泉で使えるアイコン】

岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー岩手発、訪日外国人のための「おもてなしアイコン」がキャッチー

ちなみに、なぜ岩手県なのか?

実は、同県釜石市は2019年ラグビーワールドカップ日本大会の開催都市の一つ。さらには、翌年の東京五輪も考慮してインバウンド対策をスタートしたというわけ。外国人観光客に内容を理解してもらうだけでなく、笑いをも誘えるようなユニークなアイコンは、他の自治体も気になるナイスアイデアではないだろうか。

お問合せ先:岩手県盛岡広域振興局経営企画部 019-629-6512
Licensed material used with permission by いわての10手,Facebook

関連記事リンク(外部サイト)

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生
「タトゥーお断り」の温泉。訪日外国人が増えるとどうなるの?
外国人客は「指紋」でショッピング可能に!?しかし、海外では賛否両論・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。