ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

〈フジロック〉で再来日するテンプルズ、新曲MVで伝えたかったメッセージとは!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
〈フジロック〉で再来日するテンプルズ、新曲MVで伝えたかったメッセージとは!?

3月3日に待望のセカンド・アルバム『ヴォルケーノ』を世界同時発売するテンプルズが、新曲「Strange Or Be Forgotten」のMVを公開した。

メンバーのトム(・ワームスレイ/Ba&Backing Vo)は以前、同曲について「僕らは絶えることなく個性を出さなきゃ! この世に爪痕を残さなきゃ! っていう現代社会のプレッシャーにさらされていると思うんだ。『Strange Or Be Forgotten』は僕らなりのそんな個性的でユニークでいなきゃいけないっていう風潮に対する問いかけのつもりだよ。自分らしくあることを祝福しなきゃいけないよね」と語っていた。

そんな中で公開されたMVにはメンバーはもちろん、多種多様なキャラクターが多く出演している。

また、フロントマンのジェームス(・バッグショー/Vo&Gt)は今回のビデオについて、「このビデオを通して最も伝えたいこと、それは自分が誰であれどんな人間であれ、自信を持って自身を受け入れるべき、ということ。自分は変わり者なのか、うまく溶け込めるのか、ってことを心配する年頃になってきて、“Strange Or Be Forgotten”(直訳:忘れられるか、変わり者の存在であれ)って思うようになった。そこで、ビデオを作るにあたって多様な個性が外見に表れた人を8人見つけて、それぞれ好きなようにカメラの前で振舞ってもらったんだ。中には特別なスキルを有している者もいたし、その他はただ単に等身大のリアルな自分を見せてくれた。自分本来の姿が“変わり者”であるなら、それは素晴らしいことで受け入れるべきこと。そしてそれはそこまで大事のことではない。そのメッセージが少しでも伝わると嬉しいな」とコメント。

テンプルズはこの夏、〈フジロック〉出演のために再来日も決定している。(田山雄士)

・テンプルズ 日本オフィシャルサイト
http://hostess.co.jp/temples/

「Strange Or Be Forgotten」MV

https://youtu.be/2x7tU8toCos
〈フジロック〉で再来日するテンプルズ、新曲MVで伝えたかったメッセージとは!?

『ヴォルケーノ』

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。