ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ポール・マッカートニー、最新アーカイヴ・コレクションから未発表音源2曲を先行配信

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ポール・マッカートニー、最新アーカイヴ・コレクションから未発表音源2曲を先行配信

 iTunesにて、ポール・マッカートニー『フラワーズ・イン・ザ・ダート(Special Edition)』デジタル・アルバムのプレオーダーがスタートし、アルバム収録トラック「マイ・ブレイヴ・フェイス(オリジナル・デモ)」、「ふりむかないで(オリジナル・デモ)」が先行配信されている。

 『フラワーズ・イン・ザ・ダート』は、ポールが1989年に発表し、世界中で1位を獲得。【ブリット・アワード】と【グラミー賞】の両方にノミネートされ、1980年代に制作された最も評価が高いアルバムの一つである。アルバムの三分の一(「マイ・ブレイヴ・フェイス」、「ユー・ウォント・ハー・トゥー」、「ケアレス・ラヴに気をつけて」、「ふりむかないで」)がマッカートニーとエルヴィス・コステロとの共作となっている。

 また、プロデューサーのクレジットもミッチェル・フルーム、トレヴァー・ホーン、デヴィッド・フォスター、スティーヴ・リプソン、エルヴィス・コステロ、そしてポール・マッカートニー自身と、蒼々たる顔ぶれが並んでいる。ピンク・フロイドの伝説のギタリスト、デイヴ・ギルモアが参加した「幸せなる結婚」、ジョージ・マーティンによる「プット・イット・ゼア」の弦楽器のアレンジは、こアルバムの多くのハイライトの一部だ。

 今回先行配信された2曲は、3月24日に再発されるディスク2収録の未発表音源。「マイ・ブレイヴ・フェイス(オリジナル・デモ)」は、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』で初めて実現したポールとエルヴィス・コステロのコラボレーションで、最初に書かれた曲。このパートナーシップが生んだハイライトのひとつで、往年のジョンとポールの共作を彷彿とさせるビートルズ風のナンバーとなっている。

 そして、4月27日、29日、30日に東京ドームで開催される来日公演のチケットの一般発売が遂に明日2月25日から開始となる。

◎「My Brave Face (Original Demo/Audio)」
https://youtu.be/6-zrV_wIH34

◎リリース情報
『フラワーズ・イン・ザ・ダート(デラックス・エディション)』
ポール・マッカートニー
2017/3/24 RELEASE
26,000円(plus tax)
※3CD+DVD / CDは日本盤のみSHM-CD仕様
https://goo.gl/8Swjcb

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニー、リンゴ・スターのレコーディングに参加
ポール・マッカートニー×コステロ共作楽曲の未発表デモが公開
なぜポール・マッカートニーは自分の曲の版権を失ってしまったのか? レノン/マッカートニー楽曲の版権を巡るタイムライン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。