体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイドロ銀チタンは花粉症対策の救世主!? 期待できる6つの効果

ハイドロ銀チタンは花粉症対策の救世主!? 期待できる6つの効果
2月も後半となり、徐々に花粉症の季節となりました。鼻水や目のかゆみに苦戦する方も多くいらっしゃると思われます。

しかし、そんな花粉症対策の新たな救世主として注目の新物質「ハイドロ銀チタン」をご存知でしょうか。

今回は医師にハイドロ銀チタンの概要と効果はもちろん、今後の医療で期待が出来ることを医師に解説していただきました。

目次

ハイドロ銀チタンとは

ハイドロ銀チタンは花粉症対策の救世主!? 期待できる6つの効果
酸化チタン、カルシウム、銀で合成された物で、ハイドロ銀チタンは花粉などのたんぱく質を分解し水に変える作用をもつ、触媒と呼ばれる化学反応を促進させる物質です。

《参照》

・ DR.C医薬

ハイドロ銀チタンの効果

ハイドロ銀チタンは花粉症対策の救世主!? 期待できる6つの効果

ウイルスの分解

以下のようなウイルスに対し効果を発揮できると考えられます。

■ インフルエンザウイルス

12月から4月にかけて流行し、急に起こる38~40℃の高熱、関節痛、頭痛が特徴的の感染症です。

幼児が感染した場合、インフルエンザ脳症などの合併症を引き起こす場合もあります。

■ノロウイルス

冬に流行る食中毒の原因となるウイルスで、激しい下痢と嘔吐を繰り返します。

感染力が強いため、保育園や高齢者施設などで発生すると集団感染になってしまうことが多いのが特徴です。

細菌の分解

以下のような細菌に対しても効果が期待できます。

■ 黄色ブドウ球菌

夏期に特に多く見られる食中毒で、食品の中で菌が増える時に作り出す、エンテロトキシン毒素を食品と一緒に食べることにより起きます。

加熱消毒が無効であるのが特徴です。

■ 大腸菌

下痢などの症状を引き起こす病原性大腸菌食中毒を引き起こす菌で、各種の大腸菌によって症状が変わってきます。

病状が進行すると、激しい血便や合併症が生じ、場合によっては死に至る腸管出血性大腸菌といった種類もあります。

■ 肺炎かん菌

肺に侵入し、肺の急性炎症を起こす菌で、医療機関で外来受診をすると一般的に「肺炎」と診断されます。

肺炎は抵抗力の少ない高齢者がかかると死亡率が高いことでも知られています。

その他にも、尿路感染症、褥瘡に対する効果も期待でき、また、温泉で感染しやすいレジオネラ菌の分解により集団感染などの予防にもつながる可能性もあります。

花粉の分解

花粉症アレルゲンである花粉タンパクを分解し、花粉症の発症予防、症状軽減などに対する効果が期待できます。

ハウスダストの分解

ダニ抗菌の分解を通じて、喘息やアレルギーなどを引き起こさない、クリーンな環境の維持も考えられます。

真菌の分解

白癬菌の分解ができ、水虫などに対する効果が期待できます。

脂肪酸の分解

臭いと関係している脂肪酸の分解により、体臭にも効果があるものとされます。

ハイドロ銀チタンの商品化で効果が期待できるもの

ハイドロ銀チタンは花粉症対策の救世主!? 期待できる6つの効果

マスク

花粉を吸着し分解できれば花粉症の予防に繋がります。また、感染症の予防に用いれば単純なマスクよりもより効果が期待できます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会