ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カイル・チャンドラーと話題の子役ミリー・ボビー・ブラウンが『GODZILLA ゴジラ』の続編に出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カイル・チャンドラーと話題の子役ミリー・ボビー・ブラウンが『GODZILLA ゴジラ』の続編に出演

ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014年)待望の続編『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』。ハリウッドのエンタメニュースメディア『ヴァラエティ』は、2019年3月22日全米公開予定のこの続編で、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のカイル・チャンドラーが、Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で話題の少女、ミリー・ボビー・ブラウンの父親役を務めると伝えている。

『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』は、ギャレス・エドワーズが監督を務め、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・クランストン、エリザベス・オルセン、渡辺謙が出演した『GODZILLA ゴジラ』の続編だが、この中では渡辺謙だけが続編にも出演するとのこと。また、続編で監督を務める『クランプス 魔物の儀式』のマイケル・ドハティがザック・シールズと共に脚本にも携わっているという。ホラー映画のニュースサイト『Dread Central』によると、6月19日にアトランタで撮影が開始する予定とのことだが、公式の発表が待たれるところだ。

『ヴァラエティ』が伝えている通り、映画会社ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズは、『ゴジラ対コング(原題)』の制作を2015年10月に発表している。来月の3月25日に日本で公開される『キングコング:髑髏島の巨神』の次には、この『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』が2019年3月(米国)に公開され、さらに2020年3月29日(米国)には、『ゴジラ対コング(原題)』が公開を控えている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

カイル・チャンドラーと話題の子役ミリー・ボビー・ブラウンが『GODZILLA ゴジラ』の続編に出演

リアーナのヒット曲「The Monster」を完コピする話題のオウム【動画】

ハン・ソロ主役の『スター・ウォーズ』スピンオフ映画について、今わかっていること

アイスランドの大統領が「パイナップルピザを禁止にしたい」と発言し話題に

ペンギンの糞は宇宙からも見える!?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。