体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!

旅先でいい写真を撮りたい、そんな想いから本格的にカメラを勉強する方もいますよね。カメラ好きは要チェックのイベント、2017年2月23日(木)〜26日(日)までパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017(シーピープラス)」。開幕した昨日に参加してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

アジア最大級のカメラ展示会

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
50年を超える歴史を持つ「CP+(シーピープラス)」。巨大な会場にはカメラや写真用品を中心に最新の製品や技術が展示。昨年は過去最高の67,000人を超える動員を記録するなど、プロ・アマ問わずカメラファンに絶大な人気を誇るイベントでもあります。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
各メーカーのブースでは、実際にカメラを手にとって撮影体験ができる「タッチ&トライ」コーナーが設置。富士フィルムでは、国内メーカーとして初の中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」目当てのお客さんで長蛇の列ができていました。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
タッチ&トライコーナーではモデルの女性や花や植物、小物の撮影が楽しめます。自分のSDカードを入れることも可能で、データを持ち帰られるのもうれしいところ。メーカースタッフの方からカメラやレンズについて丁寧に説明してもらえるので勉強にもなりますよ。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
ひときわ大きなブースで目を引いたSONY。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
撮影コーナーにはなんとバスケットコートが設置! 様々な機種が置かれており、プロのような躍動感ある写真も撮れました。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
同じくSONY。ファッション雑誌や広告などで活躍中のカメラマン、高橋優也さんが手がけたスタジオライティングを体感できる、屋内ポートレートコーナー。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
外付けのフラッシュ「HVL-F45RM」を使った撮影が可能。妖艶な魅力あふれるモデルさんに思わずうっとり・・・。

国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」がついに開幕!
こちらはCANONの超望遠レンズ・双眼鏡体験コーナー。カメラとレンズを合わせて200万円以上もする機種がズラリと並んでいます! 圧倒的な望遠効果で、スポーツカメラマンになったような気分にもなれますよ。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会