ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

カナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。

僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時は驚いた。また、森の中へキャンプに連れていかれ、野生の熊対策のために食料は木に吊り下げなければならないと教えてもらって、さらに驚いた。カナディアンたちは、自然と暮らす天才だと思う。彼らは、まさに自然と共存したライフスタイルを持っている。

そのバンクーバー島の森の中に、球の形をしたツリーハウス「Free Spirit Spherical」がある。ここは、宿泊もできるホテルだという。その姿は、空中に浮かんでいるようにも見える。こんなツリーハウスなら、いつもとは違う視点から世界が見えるかもしれない。

モダンでミニマルな空間

カナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

Photo by Tom Chudleigh

ユニークなツリーハウス「Free Spirit Spherical」をこさえたのは、Tom Chudleighさん。この道24年となるベテランのツリーハウスビルダーだ。

Tomさんは、これまでに3つの球型ツリーハウスを完成させた。どれもがモダンでミニマルな空間に仕上げられている。「EVE」「EYRN」「MELODY」と名づけられた3部屋は、外観や内装がすべて異なっている。

例えば、最新作「MELODY」の外観は、ファイバーグラスに覆われていたり、室内には収納ベッドが隠されていたりと、工夫や遊び心が随所に見られるのだ。

ちなみに現在、2つの球型ツリーハウスの制作を進めているらしい。カナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

Photo by Tom Chudleighカナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

Photo by Adam Clarkeカナダの森の中に佇む「球型ツリーハウス」が気持ちよさそう!

Photo by Adam Clarke

一泊175カナダドルから

ツリーハウスには、何度か泊まったことがある。

木の上からの眺めは想像以上に素晴らしく、冒険気分も盛り上がる。何よりも、木と一体になれる感覚は忘れられない。非日常的な体験が味わえるのは、何といってもツリーハウスの醍醐味だろう。

しかし、Free Spirit Sphericalは、それだけに終わらない。直径3mほどの室内には、ベッドをはじめとして、椅子・テーブル・電気ヒーター・ビルドインタイプのスピーカーまで揃っているのだ。ツリーハウスの近くには、トイレやシャワー設備も完備されているので快適な滞在を約束してくれるに違いない。

気になる滞在費用は、一泊175カナダドル(約15,000円)〜。ネットで予約もできるが、3部屋共に、3ヶ月先までの週末は満室となっている。 都会の喧騒から距離を置いて、大自然に囲まれた中、森の住人になる。多くの人がそんな癒やしを求めているのかもしれない。Licensed material used with permission by Free Spirit Spheres

関連記事リンク(外部サイト)

長野県にアートな「ツリーハウス」が点在する森があった!
全面ガラス張りの「ツリーハウス」は、1本の木と一緒に暮らす家
観葉植物で作る「ミニチュアツリーハウス」が可愛いすぎ♡

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。