ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

謎のふわふわ食材

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月23日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、寒い時に食べたい体が温まる新感覚のグルメについて特集したコーナーの中で、坂田陽子さんが「釜焼・石」(東京都江東区)を訪れた。

東西線・門前仲町駅から徒歩2分ほどの場所にある同店の名物は、「釜焼」と呼ばれる店主オリジナルのふわふわ食材を使った料理。

最初に紹介されたのは「釜焼ミックス」(ご飯、味噌汁、サラダ付きで900円/税込み)。
一見カニ玉のようにも豆腐のようにも見えるこのふわふわ食材の作り方を、店主自らが解説してくれた。まずは、玉子の黄身をオリーブオイルと合わせながらミキサーにかける。これは和食料理で使われる「玉子のもと」という食材をアレンジしたものなのだそう。これと玉子の白身をメレンゲした物を混ぜ合わせて出来上がり。
釜焼きは、このふわふわ食材にタマネギ、椎茸、ピーマンなどをあえて耐熱のお皿に盛りつけ、更に肉や魚介などを乗せて、最後に再度ふわふわ素材をかけて、オーブンで焼いて、カツオだしのしょうゆあんをかけたら完成。このあんが、素材の甘みやうまみを引き立たせるのだという。

実食した坂田さんは「野菜がたっぷり入っていて、タマネギの甘みも効いている。ふわふわ生地の中から、いろんな食材が次々に顔をのぞかせてくれるので、宝探しをしているみたいな気分になる」とコメント。

この変わったふわふわ感を楽しむため、遠方からわざわざ来るお客さんもいるのだとか。

釜焼を使ったメニューはいくつかあって、冬限定で「牡蛎釜焼」(1000円/税込み)というメニューも取り扱っているのだという。こちらは築地で仕入れた大粒の牡蛎が4つも乗っている贅沢な一品。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:釜焼 石 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:門前仲町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:門前仲町×居酒屋のお店一覧
芯から温まる「薬膳カレー鍋・ラム厚しゃぶしゃぶ」
国産食材とチーズを使った韓国料理

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。