ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“カラオケ弱者”必見!自尊心が傷つかない、脱音痴テクニック

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人前で歌うのが苦手な人にとって、カラオケはまさに地獄。曲を入れた瞬間、周りから「あっ、この曲好きなんだよね」と過度な期待をされ、勇気を振り絞って歌い始めると、室内には漂う気まずい沈黙…

 

歌に自信のない、“カラオケ弱者”なら想像するのも恐ろしい事態ですが、いつまでも苦手なままで終わることはできません。もしカラオケに行っても、脱音痴のコツさえ知っておけば、音痴のレッテルを貼られず、自尊心も傷つかずに、その場をなんとか乗り切ることができるのです。

サビが高くて声がかすれてしまう…

得意の曲でやり過ごそうと思ったけど、サビで声が出ないっ……!

 

カラオケ弱者にありがちな失敗ですが、これは喉が開いてないことが原因。つまり、喉を開いて、声を出す練習さえしておけば、いいところで盛り下げることもなく、被害を最小限で食い止められるのです。では、声を高く出すそのコツはというと、わかりやすいのが、あくびをしたときの口の状態。リラックスしながら大きく息を吸うことで、喉の奥が開き、普段よりも高音を出しやすくなります。まずは自宅などで力を抜いて、口を大きく開け、声を出す練習をしましょう。

早いテンポの曲だと息切れが…

“カラオケ弱者”にとっての意外な壁、それが息継ぎです。アップテンポの韻を踏むようなラップ調の曲、サビに入る前のまさかのロングな歌詞…

 

どこで息を吸えばいいかわからず、歌詞の途中で息切れしてしまったなんてことも。息切れしないためのコツは、まず慌てて息を吸おうとしないこと。中途半端に息を吸おうとせず、まず十分に吐ききってから、きちんと吸うことで息切れを起こさなくなります。あとは、どこで息を吸うか、歌詞の切れ目など、“ため”のポイントを決めておくだけで、“それなり”に歌うことができます。

余韻に浸れないほど声が裏返ってしまった…

曲の終盤になると力のかけ方がわからず、声が裏返ってしまう…

 

ビブラートのかけ方がわからないと、よくやってしまいがちなミスですが、これは音の揺れる幅や間隔を一定にして、声を途切れなくさせることで、音痴でもそこそこ歌をうまく見せられます。コツは「a・i・u・e・o」の母音を強調しながら、声を出すこと。

 

ビブラートの感覚がわからないときは「あーーーー」と声を出しながら、みぞおちあたりを拳で小刻みに押してみます。すると、「あーーーーあぁあぁあぁ」と抑揚がつきます。プロと同じレベルを目指す必要はないので、家で練習してみて、感覚がわかったら、得意曲で練習すると、それなりに格好がつくはずです。

 


SPA! 2011-02-15 発売号
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。