体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新年一発目】 cafe sacoche主催「saco ride 伊豆430」へ挑んできた。 【その2】

【新年一発目】 cafe sacoche主催「saco ride 伊豆430」へ挑んできた。 【その2】
【伊豆半島の長い夜】

ここから先は勝手知ったるざくさんの出番。

何せ箱根越えて伊豆半島一周の拷問を自主的に5回も行ってるんだからルートに詳しくないわけがない。
ガンガン引いてくれる上、「この先はあ〜なってるこ〜なってる」と情報をくれ実に頼りになる。

でも「西伊豆はこの3倍以上きついからwww」とか脅しをかけてくるの勘弁してください。

しかも道路の街頭がこのあたりから完全消滅し、反射板にあたったライトと月明かりだけを頼りに走ることに。
暗闇の中を自転車に搭載できるだけのわずかな明かりで走るのは精神的にものすごく過酷でした。
先がわからずスピードが出せないため、3人の赤色灯を頼りに速度を落として下りましたがカーブが続くとそれを見失ってしまい一人放り出されたような状態に。
「これは死ぬ」 と喋っていたらざくさんから「死にたくなければもっていけ、お守りぐらいにはなる」という感じで200ルーメンもある超強力ライトを貸してもらいました。
これが見える! すべてが! 驚くほど明るいライトで、下りもばっちり見えて安心して下れます。
ただし電池がリチウム電池な上、寿命4時間ということもあり下り専用として使うのだと念を押され、この後つけたり消したりして走り続けます。

なかなかハードな登りが続くも、夜間にしては寒くない気候に助けられ順調に湯河原・熱海・伊東と消化していく。
西風だったため、東伊豆ではうまく風が途中の山で遮られ、冷たい風もなく5℃前後の比較的暖かい気候が続いていました。
ですが途中コンビニで休憩し力を蓄えるも、キャノンボーラー3人のペースに合わせ続けることに身体が限界に達します。

坂で左足を攣りました。

薄々「あぁ〜 これはキテるが騙し騙し次の休憩までいけるか?」 と思っていたのですが、ピキーンときました。
記者はダンシングとシッティングを交互に織り交ぜて登るタイプなので、シッティングで登り続ける3人よりも疲弊が早く、
さらに小田原までのハイペースで平地が苦手なこともあってオーバーペース気味だったのがここにきてやってきました。

この時点で走行距離まだ130キロ程度。 空を見上げると東京よりもずっと星が見え、脳内彼女が「わ〜!見て見て〜!死兆星!」と語りかけてくれた気がしましたがもちろん気のせいでした。

アミノ酸を補給して体力を回復してくれるアミノバイタルPROと電解質を速攻補給してくれる塩熱サプリをぼりぼりむさぼり、足を3分ほどマッサージして復活! 再度走り出します。
正直この時点残り300キロな上、きついと名高い西伊豆と箱根越えが待ち構えてることからもう完走は絶望的かつ諦めたい気持ちでいっぱいいっぱい。
この辺りからつらい・きつい・やばい・死ぬなどなどネガティブなワードが口癖になってきます。
あまりの疲労感から女性の声の幻聴が聞こえ始めたかと思いきや、るちさんの自転車用ナビ音声だったということもありました。 

ちょっとした坂を登ってつくのが城ヶ崎海岸駅 ここが第2のチェックポイント。

【新年一発目】 cafe sacoche主催「saco ride 伊豆430」へ挑んできた。 【その2】

木造のすごい雰囲気のある駅舎で、足湯も行っているのですが、時間が時間なだけにやってませんでした。
この時点で時刻は23時。 
スタートから7時間と言えば結構走ったな〜 と思いますが、まだ3分の1以下です。

空に浮かぶ月が美しく、海に反射している様を見ながらいい景色だな〜 と海沿いの岩場を眺めながら走り続け約50キロ。

あっ! と言うべきなのかどうなのか、その間の時間が長かったのか短かったのか定かではない感じで午前2時前に第3チェックポイント、石廊崎漁港に到着!

【新年一発目】 cafe sacoche主催「saco ride 伊豆430」へ挑んできた。 【その2】

市場とか海鮮丼の名店街みたいのはなかったので、海そばのそれっぽいお店で撮影。
ここが伊豆最南端目的地となり、ここを過ぎるといよいよ伊豆の本性、西伊豆が始まります。

1 2 3 4 5次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。