体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ステマは、なぜ今になって騒がれているのか その起源

ステマは、なぜ今になって騒がれているのか その起源
起源

まず、そもそもこの用語の起源は何か?ということですが、分かりませんでした。いきなりダメですね。

ネットスラングが発祥なのか、どこかの本で使われたのが最初なのか・・・。

一応、アメリカなどで使われる用語であることは確かで、”stealth marketing”で英語のページをググると168,000件ヒットします。よって、アメリカ辺りが起源なのは確かだと思います。和製英語じゃないということです。

ただ、英語版ウィキペディアを見ると、Undercover marketingというページに別名として記載があるだけで単独のページが無いので、用語としてはややマイナーなのかもしれません。この記事の履歴を見ると、2003年末に別名としてstealth marketingが出ているので、その頃にはすでにあった用語ということになります。ただ、この年以前にも使われていたのか、誰がこの用語を作りだしたのかは不明です。

「US(筆者注、アメリカのこと)では、2003年3月にドクターペッパー/セブンアップが発売したミルク飲料「Raging Cow」のブログキャンペーンで、10代のブロガー6人に対し、記事執筆依頼の事実を隠して、それぞれのブログで商品について取り上げるように指示したが、バレて同社のキャンペーンブログに批判のコメントやトラックバックが大量に寄せられた。」とのことなので、この事件がきっかけで生まれた用語かもしれません。

日本におけるステルスマーケティング

日本では、ステルスマーケティングという言葉そのものは2006年頃からある程度使われていたようです。

2006年ごろにピットクルーという会社がネット上で炎上の火消しをする仕事をしているということが話題となった影響で、2chなどで時々使われる用語になりました。

ちなみにこの頃、2chではピットクルーという言葉が結構流行りました

しかし、ステルスマーケティングの方は特別に流行するということはなく、マーケティング手法の批判として普通に使われる用語の一つといった扱いでした。

この後も、ステルスマーケティング的な事件が起きたり、アフィリエイト付き2chブログ(以下、アフィブログ)などでステマ疑惑のある記事が出たときなど、言及されることは多い用語なのですが、一部の場所で流行ることはあっても、ネット全体で流行ることはあまりありませんでした。そもそも、別に流行語になる必然性は無いのも確かです。

ネットスラングに近い用語でしたが、2009年頃にはそれなりに公民権を得ました(それでも、ネット以外では殆ど使われていないようです)。

2012年の大流行の原因

しかし、この用語は2012年になって突如、ネット上で大流行を始めました。なぜでしょう。

ご存知の方も多いでしょうが、今年になって急に流行った理由は、明らかにシャフトステマ問題だろうと言えます。2012年1月1日、ニュース速報(嫌儲) 板にて、シャフトの公式ページにやらおん(アフィブログの一つ。アニメ記事専門のブログ)のアフィリエイトリンクがあり、シャフト公式からグッズを買うとなぜかアフィブログに収入が発生するという事態が発覚しました。

このアフィブログでは、しばしばシャフトの作品を持ち上げる割に他の作品は批判的に取り上げることが多いとされ、シャフトと繋がってステルスマーケティングを行なっているのではないかと言われて、ニュース速報板(以下、ニュー速)などで猛烈に盛り上がりました(パートスレが数十まで伸びました)。

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。