ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】エマ・ワトソン、実写版映画『美女と野獣』で名曲『朝の風景』を歌う

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米ウォルト・ディズニーは、実写版映画『美女と野獣』でエマ・ワトソンが唱歌『朝の風景』を歌っている映像を公開した。

1991年にハワード・アシュマンとアラン・メンケンが作曲した同曲は、本作の田舎の風景の美しさを垣間見せる。

ベルが朝の仕事をしていると、町民たちは彼女の奇妙で面白い行動を揶揄する。ベルは明らかにこの町の部外者だ。

本作はアニメ版に忠実である一方で、すべてがリメイクされているわけではない。

ベルは青と白の洋服を着ているが、1991年版で見られたバスケットは持っていない。

また、歌詞も若干変わった。

1991年版では、ベルは小説『ジャックと豆の木』の本を返していたが、実写版では小説『ロミオとジュリエット』に変わっている。

新トレーラーで、他の相違点についても見つけてみよう。

『美女と野獣』は2017年3月17日(現地時間)に米劇場公開する。先週、ソーシャルメディアのバズ数で、本作は映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を抜いてトップに立った。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。