ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『じゃがりこ コーンバター味』冬っぽさ全開の王道フレーバーがファミマ・サークルKサンクスで期間限定発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スナック業界のスーパースター・カルビー「じゃがりこ」から、『じゃがりこ コーンバター味』ファミリーマート、サークルK・サンクス限定で新発売。じゃがりこ×コーンバターなんて、聞いただけでも絶対おいしい組み合わせ。期待に胸を弾ませて、いざ実食!

大人も子どもも大好きなコーンバターが「じゃがりこ」に!

『じゃがりこ コーンバター味』(52g・実勢価格税込152円・2017年1月24日発売)は、通常のじゃがりこと同サイズ。1カップあたり259kcalで、コーンのバター炒めにコショウとパセリで風味付けした味わいをイメージしているという。

 

パッケージの背景には、コーン粒のイラストが整列している。ランダムに色の薄いコーン、濃いコーンが配置されており「そうそう、コーンって意外と色にバラつきあるよね」なんて思いながら眺めてみる。

 

おなじみのキリンは、チェックシャツにオーバーオール、首にはバンダナ、麦わら帽子というアメリカン農場スタイル。背中には、カゴいっぱいのとうもろこし!

 

今回のダジャレは「キーンコーンカーンコーン」ととてもシンプル。横にある1コママンガには「コーンなに美味しいからバタバターしちゃう!」ということで、どーんなに美味しいのか食べてみよう。

コーンの甘さが際立つ優しい味わい

開封すると、コーンスープのような甘い香り。ほんのりバターの匂いも感じられ、たしかにコーンバターの雰囲気がある。

1本1本にパセリが練り込まれており、よく見ると所々オレンジ色のコーンらしきものも。

それでは食べてみよう。カリカリザクザク食感とともに、コーンの甘さが鼻に抜けていく。適度な塩味も感じられ、甘すぎることなく自然な味わいである。

先日、「じゃがりこ」のとうもろこしバージョン「とうもりこ」も検証したが、「とうもりこ」の原料はとうもろこしがメインであるのに対して『じゃがりこ コーンバター味』は、あくまでじゃがいもが主原料。

 

決してコーンばかりが主張しているのではなく、ポテトとコーンバターを一緒に食べたような味わいである。「ハンバーグの付け合わせをいっぺんに食べた感じ!」と言えば伝わるだろうか。

 

ただし後に残るのは、ほとんどコーン風味。いつの間にかじゃがいも風味は口からいなくなり、コーンの甘さだけが残っているのだ。とにもかくにも、やはりその美味しさに間違いはない。

 

全体的に優しい味付けで、だからこそたくさん食べたくなるというのはもちろんなのだが、もう少し塩味が強いほうがメリハリがでるような気もする。例えば醤油っぽい風味をプラスするなんてどうだろう?…といっても、すでに十分おいしいので、もはや好みの問題かもしれないが。

じゃがいも、コーン、バターという冬に食べたい食材を一度に味わえる『じゃがりこ コーンバター味』は、ファミリーマート、サークルK・サンクスで発売中。期間限定なので、気になる方はお早めに!

 

関連記事リンク(外部サイト)

『カルビー じゃがりこ 枝豆しおバター』ビールによく合う真夏先取りのおつまみ系新味を食べてみた!
『カルビー じゃがりこ すき焼き味』牛肉とネギ、醤油のハーモニーにどーんと加わる甘みで再現した意欲作!
発売20周年、夏の『じゃがりこ<とうきびバター醤油>』再登場!噛むほどにバター醤油のコクが押し寄せる!
カルビー『とうもりこ』「じゃがりこ」姉妹品のコーンスナック。地域限定の人気土産がセブン-イレブンに登場!
おかえり『じゃがりこ アボカドチーズ』復活販売!噛むほどにアボカドのまろやかな甘さが押し寄せる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。